イベント情報このイベントを印刷する

アート・音楽・劇場

特別展 綺羅(きら)めく京の明治美術ー世界が驚いた帝室技芸員の神業

2022年7月23日(土)~9月19日(月・祝)

帝室技芸員とは、明治23(1890)年に発足した制度で、皇室によって優れた美術工芸家を顕彰、保護するものです。美術界のトップランナーというべき、一握りの美術家が選ばれました。制度発足の背景には、美術の奨励に加え、明治維新によって幕府や諸藩の庇護を失い、窮地に立たされた画家や工芸家を救い、優れた技術を保存する目的がありました。帝室技芸員は当代における美術の、最高の栄誉と権威を示す制度となり、昭和19(1944)年まで続くなかで、京都にゆかりのある美術家も多く選出されています。 
本展では、制度が発足した明治期を中心に、京都にゆかりのある19人の帝室技芸員を紹介します。最高峰とたたえられた名作を通して、明治期京都の技と美をご覧ください。

基本情報

開催日程 2022年7月23日(土)~9月19日(月・祝)
主催者 京都市、ライブエグザム、BSフジ、京都新聞、日本経済新聞社
時間 10:00~18:00(入場は17:30まで)
場所 京都市京セラ美術館  本館  南回廊1階
アクセス 市バス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」バス停下車すぐ
ホームページ https://kyotocity-kyocera.museum/
チラシ -

前期:7月23日(土)~8月21日(日)
後期:8月23日(火)~9月19日(月・祝) ※(会期中、展示替えあり)

※月曜日(祝日の場合は開館)

料金

一般:1,800(1,600)円
大学・高校生:1,300(1,100)円
中学生以下:無料

お問い合わせ

京都市京セラ美術館

TEL 075-771-4334

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#アート・音楽・シアター  #美術館・博物館・資料館  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る