イベント情報このイベントを印刷する

伝統行事

金剛流特別企画 幽玄な舞台芸術 能楽体験

2022年 6月26日(日)、9月25日(日)
※4日前の16:00までに要予約
※開催日の催行が決定している場合、当日の申込も可能です。(現地払い)

  • 京の夏の旅
  • 千年の心得
  • 事前予約&決済

★9月25日の開催を決定しました。

ユネスコ無形文化遺産の「能楽」を、体験しながら楽しく学び、鑑賞する特別なプランで、
金剛定期能の通常公演料金(当日券)で、能楽体験と公演鑑賞ができお得です。
能楽シテ方・五流宗家の中で唯一京都に在住する金剛流。その拠点となる金剛能楽堂にて、
金剛流能楽師の豊嶋晃嗣さんから、能楽の歴史や能舞台、能面・能装束について学びます。
また、実際に能舞台にお上がりいただき、謡(うたい)や舞(まい)の体験等を通して能楽を身近に感じていただけます。
さらに、特別企画の体験後は、金剛流能楽公演を実際にご覧いただきます。
豪快な動きの中にも華麗・優美さがあり「舞(まい)金剛」とも呼ばれる金剛流の技芸をお楽しみください。
 

【当日のスケジュール】
 10:45~11:00 特別企画 受付
 11:00~12:15 能楽解説・能舞台体験
 12:15~12:30 昼食休憩
 12:30~13:30 定期能 受付
 13:30~15:30 定期能鑑賞
 ※所要時間:約4時間30分
 ※時間は変更となる場合があります。

【定 員】
 各日30名

【最少催行人員】
 10名様
 ※ご予約が9名様以下の場合は、催行中止とさせていただきます。
 ※催行中止の場合、ご参加希望日の4日前16:00以降にメールにてご連絡いたします。

【内 容】
① 金剛流能楽師 豊嶋晃嗣さんによる能楽の解説・体験
② 能楽鑑賞 ※開催日により演目が異なります。
・2022年6月26日(日)
   能「加茂」宇髙竜成、能「籠太鼓」種田道一、狂言「附子」茂山千五郎

・2022年9月25日(日)
   能「経正」豊嶋彌左衞門、能「山姥 白頭」金剛龍謹、狂言「水掛聟」茂山七五三

【ご参加にあたっての注意事項】
・能楽体験の際は、お客様各自で白い靴下(足袋の代用)をご用意ください。
・会場内での撮影・録音はご遠慮ください。
・能楽の解説・体験と能楽鑑賞の間に、休憩があります。(自由昼食・外出可)
・昼食は、休憩時間内に周辺の食事施設等にて各自お取りください。
・会場内での飲食はできませんが、ロビー手前の待合室(約20席)にて、お持ち込みいただいたお食事をお召し上がりいただけます。
・能楽鑑賞は、当プラン参加者以外のお客様と一緒に、定期能をご鑑賞いただきます。お席は自由席となります。
・会場に駐車場はございません。付近の有料駐車場をご利用ください。

【安全・安心の対策】
・当日、体調不良や発熱があるお客様は、ご参加いただけません。
・お客様には、マスクの着用およびアルコール消毒をお願いしております。
・会場内の空調は「エアハンドリング・ユニット」を導入しており、 換気をしながら冷暖房を稼働いたします。

基本情報

開催日程 2022年 6月26日(日)、9月25日(日)
※4日前の16:00までに要予約
※開催日の催行が決定している場合、当日の申込も可能です。(現地払い)
主催者 金剛能楽堂
時間 11:00~15:30 頃(所要時間 約 4 時間30分)
場所 金剛能楽堂
アクセス 京都駅より地下鉄烏丸線「今出川」駅下車 徒歩約5分
ホームページ https://select-type.com/rsv/?id=ro_OdDuWzok&c_id=128734&w_flg=1
チラシ -

料金

6,000円

お問い合わせ

金剛能楽堂(10:00~17:00)

TEL 075-441-7222
予約フォーム フォームからご予約

最新の休止・変更情報

★9月25日の開催を決定しました。

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#京都らしい体験  #伝統技術・伝統工芸・伝統文化  #アート・音楽・シアター  について関連する
よくある質問はこちら

初めて京都を旅行します。京都ってどんなところですか?
京都は、春の桜、秋の紅葉のベストシーズン以外にも、夏や冬には特別公開などのイベントがたくさんあります。また、歴史ある寺院・神社や風情ある街並み、嵐山や貴船の美しい自然など、1年を通して楽しむことができます。「京都観光Navi」では、さまざまな旅の楽しみ方を「旅のカタチ」でもご紹介しています。ぜひご覧ください。
京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。
舞妓さんはどこで見ることができますか?
舞妓さんによる京舞をはじめ、日本のさまざまな伝統芸能を気軽に観ることができる施設が祇園町にある弥栄会館「ギオンコーナー」です。京舞のほか、狂言、雅楽、茶道、華道、箏曲といった、日本の伝統芸能を約1時間で身近に鑑賞することができます。休演日を除く毎日、午後6時~・7時~の2回、公演が行われており、個人での入場の場合、予約の必要はありません。
※「ギオンコーナー」は新型コロナウイルスの影響により、当面の間休館しています。

また、春・秋にはそれぞれの花街で、舞妓さん・芸妓さんによる舞台公演が行われます。

 
お座敷体験はできますか?
一般的に、紹介者なしでは利用することができません。

その他のよくある質問を見る