イベント情報このイベントを印刷する

アート・音楽・シアター

このイベントは終了しました。

新春展「裏千家の茶室建築 -重要文化財裏千家住宅及び茶室 保存修理工事竣工記念-」

2021年1月7日(木)~2021年3月31日(水)

リーフレット

リーフレット

リーフレット

襖絵や屋敷地図、歴代家元が制作した茶道具で歴史を紹介

令和2年夏、今日庵や又隠といった茶室群を含む裏千家住宅(国指定重要文化財)の保存修理が竣工。約150年ぶりに行われた大規模な修復工事は8年に及ぶ。
裏千家においては、千家3代宗旦が隠居する際、今日庵を構えたのが茶家としての始まり。裏千家の代名詞でもある今日庵、そして又隠、寒雲亭は宗旦の遺蹟として名高い茶室である。天明8年(1788)、裏千家9代不見斎の時代に起きた天明の大火によって、今日庵をはじめとする茶室も類焼したものの、翌年には修復が完了。利休200年忌の茶事が執り行われている。その後、増改築が行われ、11代玄々斎の頃には現在の裏千家における大方の構造が完成したと考えられている。
本展では、狩野探幽筆と伝わる寒雲亭襖絵などの茶室に関係する作品や、江戸時代の屋敷図面、茶室に関する文献史料を通じてその歴史を紹介。また、歴代家元が敷地内の樹木を用いて制作した茶道具や、裏千家11代玄々斎の時代に庭内に存在した御庭焼などの作品展示を通して、文献史料だけではみえてこない裏千家の全容をご覧いただくことができる。最後には、保存修復工事を経たことで分かった新たな知見もご紹介。

基本情報

開催日程 2021年1月7日(木)~2021年3月31日(水)
時間 9:30~16:30(入館は16:00まで)
場所 茶道資料館
アクセス 市バス9・12「堀川寺ノ内」
ホームページ http://www.urasenke.or.jp/textc/gallery/tenji/index.html
チラシ -

休館日:月曜日(1月11日は開館)、第1・3火曜日

料金

一般700円、大学生400円、中高生300円、小学生以下無料

お問い合わせ

茶道資料館

TEL 075-431-6474

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#資料館  #雨の日も楽しめる  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る