イベント情報このイベントを印刷する

アート・音楽・シアター

このイベントは終了しました。

「二条城障壁画 展示収蔵館」原画公開 令和2年度第2期

2020年07月16日(木)~2020年09月13日(日)

将軍との対面を前に、昇殿者が控えた〈黒書院〉三の間の障壁画、《松図》と《浜松図》を公開します。

〈黒書院〉は、かつて「小広間(こひろま)」と呼ばれ、一の間・二の間は、将軍と昇殿者(しょうでんしゃ)との対面所として作られました。今回、障壁画を展示する三の間は、将軍と対面する人物が、対面所に入る前に控えた部屋と考えられています。この部屋の障壁画は、長押(なげし)の上と下でテーマが分かれており、長押の下の《松図》には、小ぶりで可憐な松とともに、夏から冬へと移り変わる季節の景が、長押の上の《浜松図》には、松が林立する浜辺が描かれます。繊細かつ静謐(せいひつ)な、松のある風景を御覧ください。

基本情報

開催日程 2020年07月16日(木)~2020年09月13日(日)
時間 7~8月:9:00~17:30(閉館は17:459月:9:00~16:30(閉館は16:45)
※二条城の入城受付は、7~8月が17:00まで、9月が16:00まで。
場所 元離宮二条城内 二条城障壁画 展示収蔵館
アクセス 地下鉄:烏丸線「烏丸御池駅」で東西線に乗り換え「二条城前駅」下車徒歩5分
市バス:9, 50, 101, 111号系統「二条城前」下車徒歩2分
ホームページ https://nijo-jocastle.city.kyoto.lg.jp/introduction/tenji/
チラシ -

料金

100円(未就学児無料)
※別途入城料が必要。
※市内に在住・在学の小中学生、市内在住の70歳以上の方(敬老乗車証等で住所・年齢を確認できる方)、各種障害者手帳等をお持ちの方については、入館料を徴収しません。

2020/

お問い合わせ

元離宮二条城事務所
〒604-8301 京都市中京区二条通堀川西入二条城町541番地
TEL:075-841-0096 FAX:075-802-6181

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#世界遺産  #京都らしい体験  について関連する
よくある質問はこちら

初めて京都を旅行します。京都ってどんなところですか?
京都は、春の桜、秋の紅葉のベストシーズン以外にも、夏や冬には特別公開などのイベントがたくさんあります。また、歴史ある寺院・神社や風情ある街並み、嵐山や貴船の美しい自然など、1年を通して楽しむことができます。「京都観光Navi」では、さまざまな旅の楽しみ方を「旅のカタチ」でもご紹介しています。ぜひご覧ください。
京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。
舞妓さんはどこで見ることができますか?
舞妓さんによる京舞をはじめ、日本のさまざまな伝統芸能を気軽に観ることができる施設が祇園町にある弥栄会館「ギオンコーナー」です。京舞のほか、狂言、雅楽、茶道、華道、箏曲といった、日本の伝統芸能を約1時間で身近に鑑賞することができます。休演日を除く毎日、午後6時~・7時~の2回、公演が行われており、個人での入場の場合、予約の必要はありません。
 
お座敷体験はできますか?
一般的に、紹介者なしでは利用することができません。

その他のよくある質問を見る