イベント情報このイベントを印刷する

特別公開

「高御座」等の一般参観【京都御所】

2020年7月18日(土)~8月27日(木)
※コロナウイルスの影響により3/1~3/22⇒7/18~8/27に会期変更

高御座等の一般参観

即位礼正殿の儀で用いられた高御座・御帳台と威儀物を一般参観に供するとともに、即位の礼の諸儀式の写真と、装束姿を再現する人形を展示します。
全国各地から大勢の方々が来られます。混雑が予想されますので、余裕をもってお越しください。

写真出典元:宮内庁ホームページ

・申込手続不要で見学できます。
・入場は無料です。
・入門時に手荷物検査を実施します。
・職員による日本語及び外国語の案内はありません。

当日は,次の点にご注意ください。

1 入門時間は9:00より16:20までとなっていますが、混雑が予想されますので、余裕をもってお越しください。(最終退出時刻は17:00)
2 京都御所内の密集を避けるため、参観者の定数を時間当たり概ね600名(一日当たり5,000名)とし、会期中、毎日午前8:40から整理券を一人1枚ずつ配布します。
3 整理券の配布及び清所門入門時には、順番に整列していただくことになります。その際には、他の参観者と一定の距離を保ってください。また、列を崩さないでください。
4 参観される際は、マスクの着用、手指の消毒をお願いします。なお、熱中症対策として、屋外で人と一定の距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずしていただいて構いません。
5 入門時に非接触型体温計による検温を実施します。
6 体温が37.5℃以上の発熱がある方、体調の優れない方及び感染が拡大している国・地域への来訪歴が過去2週間以内にある方は入場・参観をご遠慮願います。
7 危険物を携行する人、旗竿・大きな荷物等で行事を妨げ、又は他に危害・迷惑等を及ぼすおそれのある物を携行する人、その他運営上支障があると認められる人は、入門をお断りします。
8 密集を避けるため、京都御所内でのガイド行為は禁止します。
9 参観順路の狭い場所では、密集・密接状態とならないようご注意ください。また、事故を防ぐ目的から、カメラ撮影用三脚、脚立等の機材の使用はご遠慮ください。日傘を使用される場合は、周囲の人の視界を妨げたり、危険を及ぼしたりしないようご注意ください。
10 密集を避けるため、京都御所内で一時的に規制する場所がありますのでご了承ください。
11 期間中の展示等については、荒天その他やむを得ない事情がある場合は、その全部又は一部を取り止めることがあります。
12 参観者は、次に掲げる行為をしないでください。これに反した場合は退出を求めることがあります。
(1)立ち入りを禁じた場所に入ること。
(2)喫煙等火災の危険がある行為をすること。 
(3)飲食を行うこと。(水分補給は可)
(4)施設その他の物を損傷し、又は移動すること。
(5)業として写真及び映画等を撮影すること。
(6)集会又は示威行為をすること。
(7)はり紙をし、又はビラ類を配布し、若しくは散布すること。
(8)小型無人機(ドローン)等を持ち込み飛行させ、又は撮影等を行うこと。
(9)その他秩序又は風紀を乱す行為等、運営上支障があると認められる行為をすること。

基本情報

開催日程 2020年7月18日(土)~8月27日(木)
※コロナウイルスの影響により3/1~3/22⇒7/18~8/27に会期変更
時間 入門時間 9:00~16:20
参観者は、清所門から参入し、順路に従って紫宸殿内の高御座及び御帳台並びに小御所及び御学問所内の威儀物等を参観の上、清所門から退出することになります。
(清所門の最終退出時刻は、17:00です。)
場所 京都御所
アクセス 地下鉄烏丸線「丸太町」
ホームページ https://www.kunaicho.go.jp/info/takamikura-r02.html
チラシ -

休園日:月曜日及び8/12~16
*ただし、8/10は祝日のため実施し、翌8/11を休園日とします。
なお、準備及び片付けのため7/16、17並びに8/28は通年公開を休止します。

料金

入場は無料

お問い合わせ

宮内庁京都事務所庶務課

TEL 075-211-1211(平日8:30~17:15)

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#京都らしい体験  について関連する
よくある質問はこちら

初めて京都を旅行します。京都ってどんなところですか?
京都は、春の桜、秋の紅葉のベストシーズン以外にも、夏や冬には特別公開などのイベントがたくさんあります。また、歴史ある寺院・神社や風情ある街並み、嵐山や貴船の美しい自然など、1年を通して楽しむことができます。「京都観光Navi」では、さまざまな旅の楽しみ方を「旅のカタチ」でもご紹介しています。ぜひご覧ください。
京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。
舞妓さんはどこで見ることができますか?
舞妓さんによる京舞をはじめ、日本のさまざまな伝統芸能を気軽に観ることができる施設が祇園町にある弥栄会館「ギオンコーナー」です。京舞のほか、狂言、雅楽、茶道、華道、箏曲といった、日本の伝統芸能を約1時間で身近に鑑賞することができます。休演日を除く毎日、午後6時~・7時~の2回、公演が行われており、個人での入場の場合、予約の必要はありません。

お座敷体験はできますか?
一般的に、紹介者なしでは利用することができません。

その他のよくある質問を見る