イベント情報

アート・音楽・シアター

THE 百人一首

2020年01月29日(水)~2020年04月05日(日)

時を超えて愛され続ける、百人一首の魅力に迫る

嵯峨嵐山文華館は小倉山の麓に位置しており、藤原定家が百首を選んだ百人一首の聖地とも言われている。
2020年2月23日(日)に行われる「第一回ちはやふる小倉山杯」の開催を記念し、あらためて百人一首の魅力を広く伝える展覧会を開催する。
本展覧会では、琳派の画家・池田孤邨筆「三十六歌仙図屏風」を初公開するほか、様々な画家が描いた歌仙絵や、定家直筆の小倉色紙や本阿弥光悦筆「古今和歌集巻詩歌巻」など和歌にまつわる絵画や書の秀作を通して、古来親しまれてきた歌の世界をより深く楽しむことができる。
加えて、現代の日本を代表するイラストレーター14名が百人一首を独自に解釈し、作品として表現した「百人一首って」を二階畳ギャラリーで開催。くすりと笑える100点の作品を一同に紹介し、今日においてもなお愛され続ける歌の世界を紹介する。
平安時代の歌人たちと、江戸から近代の画家たちの、時を超えたコラボレーションを堪能したい。

基本情報

開催日程 2020年01月29日(水)~2020年04月05日(日)
時間 10:00~17:00
場所 嵯峨嵐山文華館 1階・2階展示室
アクセス JR嵯峨野線「嵯峨嵐山」
ホームページ http://www.samac.jp
チラシ -

料金

一般900円

ご予約・お問い合わせ

嵯峨嵐山文華館

TEL 075-882-1111

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#雨の日も楽しめる  #アート  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る