イベント情報このイベントを印刷する

アート・音楽・劇場

このイベントは終了しました。

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭2022

2022年4月9日(土)~5月8日(日)

ギイ・ブルダン「The Absurd and The Sublime」 Presented by CHANEL NEXUS HALL  京都文化博物館 別館©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

ギイ・ブルダン「The Absurd and The Sublime」 Presented by CHANEL NEXUS HALL  京都文化博物館 別館©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

マイムーナ・ゲレージ「Rûh|Spirito」 Co-organizer: Italian Cultural Institute in Osaka 嶋臺(しまだい)ギャラリー©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

マイムーナ・ゲレージ「Rûh|Spirito」 Co-organizer: Italian Cultural Institute in Osaka 嶋臺(しまだい)ギャラリー©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

10/10 現代日本女性写真家たちの祝祭  Supported by KERING’S WOMEN IN MOTION HOSOO GALLERY 林典子「sawasawato」©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

10/10 現代日本女性写真家たちの祝祭 Supported by KERING’S WOMEN IN MOTION HOSOO GALLERY 林典子「sawasawato」©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

ギイ・ブルダン「The Absurd and The Sublime」 Presented by CHANEL NEXUS HALL  京都文化博物館 別館©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022
マイムーナ・ゲレージ「Rûh|Spirito」 Co-organizer: Italian Cultural Institute in Osaka 嶋臺(しまだい)ギャラリー©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022
10/10 現代日本女性写真家たちの祝祭  Supported by KERING’S WOMEN IN MOTION HOSOO GALLERY 林典子「sawasawato」©︎ Takeshi Asano-KYOTOGRAPHIE 2022

日本および海外の重要作品や貴重な写真コレクションを、趣のある歴史的建造物やモダンな近現代建築の空間に展開し、ときに伝統工芸職人や最先端テクノロジーとのコラボレーションも実現するなど、京都ならではの特徴ある写真祭。

以下、KYOTOGRAPHIEオフィシャルウェブサイトより
KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭は、記念すべき第10回を迎えます。
そして、テーマは何故か「ONE」。
「一即(すなわち)十」という言葉があります。 一が単一性を、十は無限の数を現します。一つのもの(個)がそのものとして、他のすべて(全体)を自らに含みながら他と縁起の関係にある。このとき、この一つのものと他のすべてが同体の関係にある。こういう状態をイメージしてください。
2022年、信じ難いことにこの世界でまた戦争が始まってしまいました。
どんな理由があろうとも戦争は何の解決策にもなり得ません。過去の経験から、日本を含めすべての国民が、個の命が全体(国家)のために失われるべきではないことを知っています。
KYOTOGRAPHIE は個々の存在をCelebrate(祝祭)すると共に、その多様性について讃えたいと思います。そして皆さんと一緒にRestart (再起動)し、分断された関係性をもう一度Reconnect (再接続)し、コロナ後の新しい平和な世界へ向けてRevival(再生)していきたい、そう考えています。
KYOTOGRAPHIE 共同創設者/共同代表
ルシール・レイボーズ & 仲西 祐介

基本情報

開催日程 2022年4月9日(土)~5月8日(日)
主催者 一般社団法人KYOTOGRAPHIE
時間 会場によって異なります
場所 京都文化博物館 別館、他京都市内各所
アクセス インフォメーション町家:地下鉄「烏丸御池駅」下車徒歩5分
ホームページ https://www.kyotographie.jp
チラシ -

料金

パスポートチケット(一般)5,000円、学生3,000円、そのほか無料会場あり

KYOTOGRAPHIEの会場には、【有料会場】と【無料会場】があり、各会場の入場には、パスポートチケット、単館チケット、もしくはコロナ安心登録カードのいずれかが必要になります。

お問い合わせ

KYOTOGRAPHIE事務局

TEL 075-708-7108

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#雨の日も楽しめる  #夜観光  #アート・音楽・シアター  #美術館・博物館・資料館  #【夜】見る  について関連する
よくある質問はこちら

夜の京都の楽しみ方を教えてください
京都タワー、将軍塚などは夜景の名所として知られています。そのほか、時期によっては、ライトアップイベントや夜間特別公開が行われていることもあります。
雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る