イベント情報このイベントを印刷する

アート・音楽・劇場

特別展「京(みやこ)に生きる文化―茶の湯―」

2022年10月08日(土)~12月4日(日)
[主な展示替]
前期展示:2022年10月8日(土)~11月6日(日)
後期展示:2022年11月8日(火)~12月4日(日)
※会期中、一部の作品は上記以外にも展示替を行います。

国宝「大井戸茶碗 銘喜左衛門」 京都・孤篷庵  通期展示

国宝「大井戸茶碗 銘喜左衛門」 京都・孤篷庵  通期展示

重要文化財「千利休像」(部分) 伝長谷川等伯筆/古渓宗陳賛 正木美術館   後期展示(11/8~12/4展示)

重要文化財「千利休像」(部分) 伝長谷川等伯筆/古渓宗陳賛 正木美術館   後期展示(11/8~12/4展示)

国宝「大井戸茶碗 銘喜左衛門」 京都・孤篷庵  通期展示
重要文化財「千利休像」(部分) 伝長谷川等伯筆/古渓宗陳賛 正木美術館   後期展示(11/8~12/4展示)

中国からもたらされた茶を喫する文化は、時代を経ながら徐々に和様化しました。京都周辺では茶の栽培が活発化し、唐物を賞玩する茶や社寺の門前で参詣者に茶を振舞う一服一銭も生まれ、茶は拡がりをみせるようになります。さらに「茶の湯」という独自の文化を生み出し、今では日本文化を象徴するものとして、世界で広く認知されるようになりました。現在でも茶道の家元や茶家の多くが京都を本拠としていることからもわかるように、京都は茶の湯の歴史のなかで、中心的な役割を果たしてきました。
本展では、今もなお茶の湯が生きる京都において、この地にゆかりのある各時代の名品を中心に、京の茶の湯文化を紹介します。連綿と守り継がれた歴史と、茶人たちの美意識の粋を感じていただければと思います。

本展は、事前予約は不要です。会期等は今後の諸事情により変更する場合があります。随時、当ウェブサイトや当館公式Twitterにてお知らせいたしますので、ご来館の際は最新情報をご確認ください。

基本情報

開催日程 2022年10月08日(土)~12月4日(日)
[主な展示替]
前期展示:2022年10月8日(土)~11月6日(日)
後期展示:2022年11月8日(火)~12月4日(日)
※会期中、一部の作品は上記以外にも展示替を行います。
主催者 京都国立博物館、読売新聞社、文化庁
時間 火~木・日 9:00~17:30(入館は17:00まで)
金・土   9:00~20:00(入館は19:30まで)
場所 京都国立博物館 平成知新館

アクセス 市バス86・88・206・208「博物館三十三間堂前」バス停下車すぐ
ホームページ https://www.kyohaku.go.jp/jp/exhibitions/special/chanoyu_2022/
チラシ -

休館日:月曜(ただし、10月10日[月・祝]は開館、翌11日[火]は休館)

料金

一般 1,800円(1,600円)
大学生 1,200円(1,000円)
高校生 700円(500円)

※( )内は前売料金です(2022年8月26日~10月7日までの期間限定販売)。
※前売券、お得な限定チケット、相互割引については、展覧会公式サイトにてお知らせいたします。
※大学生・高校生の方は学生証をご提示ください。
中学生以下は無料です。
※障害者手帳等(*)をご提示の方とその介護者1名は、観覧料が無料になります。
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者健康手帳
※キャンパスメンバーズ(含教職員)は、学生証または教職員証をご提示いただくと、各種当日料金より500円引き(一般1,300円、大学生700円、高校生200円)となります。

お問い合わせ

京都国立博物館

TEL 075-525-2473(テレホンサービス)

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#雨の日も楽しめる  #国宝  #アート・音楽・シアター  #美術館・博物館・資料館  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る