イベント情報このイベントを印刷する

アート・音楽・劇場

特別展「京(みやこ)に生きる文化―茶の湯―」

2022年10月08日(土)~12月4日(日)

2022年秋、京都国立博物館にて、特別展「京に生きる文化―茶の湯―」が開催されることが決定した。 中国からもたらされた茶を喫する文化は、時代を経ながら徐々に和様化した。京都周辺では茶の栽培が活発化し、唐物賞玩する茶や社寺の門前で参詣者に茶を振舞う一服一銭も生まれ、茶は広く拡がりをみせるようになる。さらに「茶の湯」という独自の文化を生み出し、今では日本文化を象徴するものとして、世界で広く認知されるようになった。 現在でも茶道の家元や茶家の多くが京都を本拠としていることからもわかるように、京都は茶の湯の歴史のなかで、中心的な役割を果たしてきた。 本展では、京都にゆかりのある各時代の名品を紹介しながら、千年以上も日本の中心にあり、今もなお、茶の湯が生きる京都を中心とした茶の湯文化を紹介する。 連綿と守り継がれた歴史と、茶人たちの美意識の粋を感じていただければ幸いである。

特別協力:表千家不審菴、裏千家今日庵、武者小路千家官休庵、藪内家燕庵

基本情報

開催日程 2022年10月08日(土)~12月4日(日)
主催者 京都国立博物館、読売新聞社
時間 9:00〜17:30(入館は17:00まで)
場所 京都国立博物館
アクセス 市バス86・88・100・110・206・208「博物館三十三間堂前」バス停下車すぐ
ホームページ https://www.kyohaku.go.jp
チラシ -

休館日:月曜(ただし、10月10日[月・祝]は開館、翌11日[火]は休館)

お問い合わせ

京都国立博物館

TEL 075-525-2473(テレホンサービス)

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#雨の日も楽しめる  #国宝  #アート・音楽・シアター  #美術館・博物館・資料館  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る