イベント情報このイベントを印刷する

まち歩き・ツアー・体験

【京のたしなみ】光峯錦織工房 ~錦織作家・龍村周氏による解説付き。錦織を使ったアクセサリ―作り体験

2021年1月16日(土)・30日(土)、2月6日(土)・27日(土)、3月13日(土)・20日(土)
(所要時間 約2時間)

  • 京の冬の旅
  • 千年の心得
  • 事前予約&決済
  • 伝統産業・文化

新型コロナウイルス感染拡大を鑑み、当プランにつきましては、1月16日(土)・30日(土)、2月6日(土)開催分は中止となりました。

金銀糸や多彩な色糸を駆使した絢爛豪華な紋織物の総称として古代から尊ばれてきた「錦織」は、光源によってさまざまな表情をみせることから、海外では光の織物と称されています。
これまでに正倉院裂をはじめとする、数多くの伝統織物の復元をおこなってきた光峯錦織工房では、古代の製織技法を研究し、繭の引き方から道具類、古代織機にいたるまでを復元しています。 工房見学では、70工程を超える熟練の職人集団をまとめるプロデューサー、ディレクター、アーティストであり、職人でもある錦織作家の龍村周氏が、錦織作品、古代織物を復元した織物、復元した高機などを解説。現場そのままをご覧いただけます。
体験では数種の錦織の織物の中から一つ選んで、アクセサリーを手作りでお作りいただきます。
※イヤリング、ピアス、ブローチ、マカロンストラップ、ヘアゴム大、ヘアゴム小、ネクタイピンのいずれか一つをお選びいただけます。

・工房見学 ・アクセサリー作り体験(当日お持ち帰り)
・復元した高機に乗って写真撮影

基本情報

開催日程 2021年1月16日(土)・30日(土)、2月6日(土)・27日(土)、3月13日(土)・20日(土)
(所要時間 約2時間)
主催者 JR西日本・京都市観光協会
時間 10:00~12:00
場所 <集合場所>
光峯錦織工房
アクセス 京都市バス 下岸町 徒歩2分
ホームページ -
チラシ -

各日10名

料金

各日6,000円

※開催日の7日前16時までにご予約ください。

お問い合わせ

京都伝統産業ミュージアム(9:00~17:00)

※7日前までに要予約

TEL 075-762-2670
お問い合わせURL https://kmtc.jp/
予約フォーム フォームからご予約

最新の休止・変更情報

新型コロナウイルス感染拡大を鑑み、当プランにつきましては、1月16日(土)・30日(土)、2月6日(土)開催分は中止となりました。

新型コロナウイルス感染拡大を鑑み、当プランにつきましては、1月16日(土)・30日(土)、2月6日(土)開催分は中止となりました。
以降につきましては、予約フォームよりご予約を承っておりますが、状況により、中止となる場合があります。予めご了承ください。

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#要予約  #京都らしい体験  について関連する
よくある質問はこちら

初めて京都を旅行します。京都ってどんなところですか?
京都は、春の桜、秋の紅葉のベストシーズン以外にも、夏や冬には特別公開などのイベントがたくさんあります。また、歴史ある寺院・神社や風情ある街並み、嵐山や貴船の美しい自然など、1年を通して楽しむことができます。「京都観光Navi」では、さまざまな旅の楽しみ方を「旅のカタチ」でもご紹介しています。ぜひご覧ください。
京都迎賓館は予約なしで参観できますか?
自由参観方式のため予約なしで参観できます。ただし、事前申込みをした人から優先して入場となりますので、事前の予約がおすすめです。参観料は1000円です。
京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。
舞妓さんはどこで見ることができますか?
舞妓さんによる京舞をはじめ、日本のさまざまな伝統芸能を気軽に観ることができる施設が祇園町にある弥栄会館「ギオンコーナー」です。京舞のほか、狂言、雅楽、茶道、華道、箏曲といった、日本の伝統芸能を約1時間で身近に鑑賞することができます。休演日を除く毎日、午後6時~・7時~の2回、公演が行われており、個人での入場の場合、予約の必要はありません。
 
お座敷体験はできますか?
一般的に、紹介者なしでは利用することができません。

その他のよくある質問を見る