イベント情報

アート・音楽・シアター

婦人画報創刊115周年記念特別展 「婦人画報」と「京都」 つなぎ、つたえる「人」と「家」

2020年01月02日(木)~2020年01月20日(月)

樂茶碗(樂美術館蔵)撮影:久保田康夫

樂茶碗(樂美術館蔵)撮影:久保田康夫

「婦人画報創刊号表紙」明治38(1905)年

「婦人画報創刊号表紙」明治38(1905)年

樂茶碗(樂美術館蔵)撮影:久保田康夫
「婦人画報創刊号表紙」明治38(1905)年

「美しい日本」を守り続けてきた京都の「人」や「家」の記事を厳選して紹介

初代編集長、国木田独歩のもと、明治38(1905 )年に誕生した「婦人画報」は、2020年に創刊115周年を迎える。創刊以来、一貫して上質な情報を女性に届けてきた「婦人画報」がとりわけ大切にしてきたのが、<京都>である。その京都で育まれた茶道、華道、工芸、芸能などの「美しい日本」を受け継ぎ、支え、伝え続けてきたのは「人」と「家」。115年の間、こうした「人」と「家」を取材してきたなかには、先代、先々代の姿を伝えた、貴重な写真や記事も少なくない。本展覧会では、創刊115周年を記念し、「美しい日本」を守り続けてきた京都の「人」や「家」の記事を厳選して紹介するとともに、その「人」が手掛けた作品や、「家」を象徴する道具や資料など13家の貴重な品を一堂に展示する。
※会場外では、1,380以上の表紙の中から、厳選した歴代の表紙が展示される。当時、鏑木清方、猪熊弦一郎、東郷青児、荻須高徳、小磯良平、武井武雄、三岸節子、芹沢銈介、岡鹿之助、堀文子、土門拳などが表紙を担当していた。

基本情報

開催日程 2020年01月02日(木)~2020年01月20日(月)
時間 10:00~20:00(入館締切30分前) ※1月2日(木)は9:30~
場所 美術館「えき」KYOTO
アクセス JR・近鉄・地下鉄烏丸線「京都」
ホームページ http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/
チラシ -

料金

一般900円(700円)/高・大学生700円(500円)/小・中学生500円(300円)

ご予約・お問い合わせ

美術館「えき」KYOTO

TEL 075-352-1111

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#雨の日も楽しめる  #夜観光  #アート  #美術館・博物館  #【夜】見る・聞く  について関連する
よくある質問はこちら

夜の京都の楽しみ方を教えてください
京都タワー、将軍塚などは夜景の名所として知られています。そのほか、時期によっては、ライトアップイベントや夜間特別公開が行われていることもあります。
雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る