イベント情報

アート・音楽・シアター

令和元年秋季企画展 露冴ゆるころ~秋から冬の釜と茶道具~

2019年09月07日(土)~2019年12月15日(日)

浄久作:秋草地紋繰口釜

浄久作:秋草地紋繰口釜

浄久作:秋草地紋繰口釜

秋から冬へ、移ろう季節にもてなす茶道具たち

朝晩めっきりと冷え込む秋のはじめ。草々におく白露のきらめきは、さわやかな季節の訪れを知らせる。やがて秋も深まり、虫の音もまばらになるころ、露の冷たさは日に日に肌寒くさえ感じられ……。いつしか露が霜に変わり、火の温もりが恋しくなる季節に。そんな秋から冬への移ろいの中で、心ゆるす客人に差し上げたい一服のお茶を思い、大西家の所蔵の中から釜と茶道具を選んで展観する。

基本情報

開催日程 2019年09月07日(土)~2019年12月15日(日)
時間 10:00~16:30(入館は16:00まで)
場所 大西清右衛門美術館
アクセス 地下鉄烏丸線「烏丸御池」
ホームページ http://www.seiwemon-museum.com/exhibition_2019autumn.html
チラシ -

料金

一般 900円 大学生700円 高校生400円 中学生以下無料 お茶席=一客様 700円

ご予約・お問い合わせ

大西清右衛門美術館

TEL 075-221-2881

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#雨の日も楽しめる  #美術館・博物館  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る