イベント情報

伝統行事・伝統芸能

このイベントは終了しました。

御大典奉祝 賀茂御戸代能「薪能」

令和元年7月1日(月)

田楽・猿楽を起源とする伝統の薪能

奈良時代、御戸代田一町が神領地として寄進されたのを機に、農夫の労をねぎらう意味で始められた田楽・猿楽等が起源とされる。現在は観世流能と大蔵流狂言が境内の細殿(重文)奉納される。雨天開催。
・令和元年の演目:観世流能「鶴亀」、素謡(すうた)「神歌(かみうた)」、仕舞「高砂」「東北(とうぼく)」「小袖曽我(こそでそが)」「猩々(しょうじょう)」、大蔵流狂言「末廣かり」
・午後3時30分より、観世流能シテ方の解説による鑑賞講座(薪能鑑賞券つき・前売りのみ)もある。
主催:上賀茂神社、賀茂御戸代能保存会 後援:京都市観光協会、京都観世会
チケット申し込み:電話かファックスで上賀茂神社社務所へ(TEL:075-781-0011、FAX:075-702-6618)。社務所で直接求めることもできる。

基本情報

開催日程 令和元年7月1日(月)
時間 開場17:15、開演18:00
場所 上賀茂神社
アクセス 市バス4「上賀茂神社前」下車
ホームページ https://www.kamigamojinja.jp/hitotose.html
チラシ -

料金

前売り3,000円、当日4,000円(全席自由席)、
鑑賞講座つき薪能前売り券4,000円(前売りのみ)

ご予約・お問い合わせ

TEL 075-781-0011

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#神社  #雨の日も楽しめる  #夜観光  #舞・踊り  について関連する
よくある質問はこちら

初めて京都を旅行します。京都ってどんなところですか?
京都は、春の桜、秋の紅葉のベストシーズン以外にも、夏や冬には特別公開などのイベントがたくさんあります。また、歴史ある寺院・神社や風情ある街並み、嵐山や貴船の美しい自然など、1年を通して楽しむことができます。「京都観光Navi」では、さまざまな旅の楽しみ方を「旅のカタチ」でもご紹介しています。ぜひご覧ください。
京都のお寺や観光施設の営業時間は何時ぐらいまでですか?
施設によって、開館時間は異なります。寺院や神社などは午後4時頃に受け付けを終える場合が多いので、あらかじめご確認ください。→スポット検索のトップページへ
夜の観光は、京都夜観光ページで特集しております。
夜の京都の楽しみ方を教えてください
京都タワー、将軍塚などは夜景の名所として知られています。そのほか、時期によっては、ライトアップイベントや夜間特別公開が行われていることもあります。
雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。
無料で過ごせる観光客向けの場所でおすすめはありますか?
鴨川デルタ、京都駅大階段、京都御苑、岡崎公園、哲学の道、大文字山などがあります。神社も一般的に無料です。京都観光Naviでは「#無料」というタグで情報を整理していますので、検索の際にご活用ください。
京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。

その他のよくある質問を見る