イベント情報このイベントを印刷する

グルメ・マーケット・その他

京都府庁旧本館「観桜祭(かんおうさい)」

2023年3月25日(土)~4月9日(日)

京都府と府庁旧本館利活用応援ネットは、4年ぶりに京都府庁旧本館において、「観桜祭(かんおうさい)」を開催します。
国の重要文化財である旧本館の建物に四方を囲われた中庭で咲き誇る7本の桜。その中央にひときわ艶やかな姿を映すのが円山公園の初代「祇園しだれ桜」の孫にあたる実生木の枝垂れ桜。
風雪を経た不均一な厚みの窓ガラス越しに薄紅色の花びらが揺らぎます。中庭南西に佇んでいるのは「容保桜(かたもりざくら)」。
この地がかつての京都守護職上屋敷跡であることにちなみ、松平容保公の名をとって桜守として知られる16代佐野藤右衛門氏により命名いただいた大島桜と山桜の特徴を併せ持つ珍しい品種です。
ここでしかあじわえない京都府庁旧本館の桜となっております。
桜満開の旧本館で、府民協働による多彩な展示やイベントも楽しんでいただけます。

主な内容

(1)観桜会
・「祇園しだれ桜」や「容保桜」など6種7本の桜が明治期の建物を背景に咲き誇る旧本館中庭の公開
・中庭を舞台とした日本舞踊
・夜桜を見ながら聞けるライブ演奏(3月31日、4月5日、4月7日夜開催)

(2)屋内展示・体験
・イラスト展示、切手の展示
・高校生によるお茶席

(3)府民協働によるコンサート
・府民参加によるオペラ、和楽(琴・尺八・三味線)、コーラス、フォークなどのコンサートやライブ演奏

(4)その他
・(特非)京都観光文化を考える会・都草による旧本館ガイドツアー
・府内の障がいのある方が働く施設で作られた「ほっとはあと製品」の販売
・まゆまろとの子供ふれあいイベント
・京都府庁こだわりマルシェの同時開催(3月25日)
・農福連携マルシェの同時開催(3月25日、3月26日)

基本情報

開催日程 2023年3月25日(土)~4月9日(日)

主催者 京都府、府庁旧本館利活用応援ネット
時間 10:00~17:00
場所 京都府庁旧本館
アクセス ◆地下鉄
京都駅から市営地下鉄烏丸線「丸太町」下車、または二条駅から市営地下鉄東西線乗車、「烏丸御池」で烏丸線に乗換え、「丸太町」下車、徒歩10分
◆市バス
三条京阪から10系統、京阪神宮丸太町から93系統、202系統、204系統、「府庁前」下車徒歩5分
ホームページ https://www.pref.kyoto.jp/sisan/news/kanousai.html
チラシ -

お問い合わせ

府有資産活用課

TEL 075-414-5435
FAX 075-414-5450
e-mail huyushisan@pref.kyoto.lg.jp

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#庭園・池  #木・花  #親子で楽しむ  #さくら名所  #桜祭り開催  について関連する
よくある質問はこちら

子どもと京都を楽しめる場所はありますか?
京都市動物園、京都水族館、京都鉄道博物館、京都国際マンガミュージアム、宝が池公園 子どもの楽園など、お子さんが楽しく過ごせる施設がたくさんあります。家族で楽しむ旅を紹介した「旅のカタチ 家族旅」(URL)も参考に、旅のプランをたててみてください。
嵯峨野トロッコ列車は、予約が必要ですか?
嵯峨野トロッコ列車は全席指定席です。空席があれば当日乗車券が購入できますが、空いていない場合もありますので、予約がおすすめです。
嵯峨野トロッコ列車の乗車券はどこで購入できますか?
当日乗車券は、トロッコ列車の各駅窓口にて、先着順での販売となります。前売り乗車券は、インターネットで予約ができるほか、JR西日本の「みどりの窓口」や旅行会社などで購入することもできます。
今、京都で見ごろの花は何ですか?どこで見ることができますか?
寺院や神社、公園などまちのいたるところで、四季折々、さまざまな花を見ることができます。
京都観光Naviでは「季節のたより」「花だより」として、今が旬の花の開花状況を毎週更新しています。
京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。

その他のよくある質問を見る