イベント情報

アート・音楽・シアター

琳派展21 没後200年 中村芳中

2019年10月26日(土)~2019年12月22日(日)

中村芳中〈花卉図画帖〉より「十月 菊」 細見美術館蔵

中村芳中〈花卉図画帖〉より「十月 菊」 細見美術館蔵

中村芳中『光琳画譜』より「仔犬」 享和2年(1802)序 個人蔵

中村芳中『光琳画譜』より「仔犬」 享和2年(1802)序 個人蔵

中村芳中〈花卉図画帖〉より「十月 菊」 細見美術館蔵
中村芳中『光琳画譜』より「仔犬」 享和2年(1802)序 個人蔵

ほのぼのと愛らしい芳中画の世界

細見美術館で評判の琳派展21弾は、没後200年を記念して中村芳中(?〜1819)を特集する。江戸後期に京都で生まれ、大阪を中心に活躍した絵師・中村芳中。大阪の文人たちと親しく交わり、文人画風の山水画を描いたほか、指頭図の名手としても知らる。また、自由な気風の画家・光琳に触発され、「たらし込み」を用いた草花図なども描いている。本展では、近年、そのゆるい表現が「かわいい」と評される作品の数々を紹介する。

基本情報

開催日程 2019年10月26日(土)~2019年12月22日(日)
時間 10:00~18:00(入館は17:30まで)
場所 細見美術館
アクセス 市バス5・46・100「岡崎公園 美術館・平安神宮前」 徒歩5分、地下鉄東西線「東山」駅 徒歩8分
ホームページ https://www.emuseum.or.jp
チラシ -

料金

一般1,400円 学生1,100円 

ご予約・お問い合わせ

細見美術館

TEL 075-752-5555
e-mail info@emuseum.or.jp

マップを表示

お気に入りに登録する

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#雨の日も楽しめる  #夜観光  #アート  #美術館・博物館  について関連する
よくある質問はこちら

夜の京都の楽しみ方を教えてください
京都タワー、将軍塚などは夜景の名所として知られています。そのほか、時期によっては、ライトアップイベントや夜間特別公開が行われていることもあります。
雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る