イベント情報

アート・音楽・シアター

このイベントは終了しました。

帝室技芸員の仕事 彫刻編

2019年8月24日(土)~11月17日(日)

高村光雲《狸法師》

高村光雲《狸法師》

高村光雲《狸法師》

帝室技芸員による近代彫刻の精華

清水三年坂美術館所蔵品のうち帝室技芸員による作品を 一堂に 展示する 「帝室技芸員の仕事」シリーズ 。 今回の 「彫刻編」では 、 高村光雲(1852-1934)と石川光明(1852-1913)の作品を中心に 紹介する。仏師として修業を積み、木彫にこだわって制作を続けた光雲。 根付師として牙角彫刻を学び、木彫や彫漆などにも挑戦した光明。制作に対する姿勢は異なるものの、2人の作品はともに写実性に優れ、気品と美しさがある。展覧会では、光雲と光明のほか、帝室技芸員を務めた竹内久一や光雲に師事した山崎朝雲の作品なども展示する。

基本情報

開催日程 2019年8月24日(土)~11月17日(日)
時間 10:00~17:00(入館は16:30まで)
場所 清水三年坂美術館
アクセス 市バス100・206「清水道」
ホームページ http://www.sannenzaka-museum.co.jp/index.html
チラシ -

休館日:月火(但し、 9 / 16 、 23 、 10 / 14 、10 / 22、 11/ 4 は開館)

料金

一般 800 円 大・高・中学生 500 円 小学生 300 円

ご予約・お問い合わせ

TEL 075-532-4270
e-mail info@sannenzaka-museum.co.jp

「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#雨の日も楽しめる  #アート  #美術館・博物館  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る