イベント情報このイベントを印刷する

アート・音楽・シアター

一瞬と永遠の出会い アンリ・カルティエ=ブレッソン展

2021年09月04日(土)~11月14日(日)

アンリ・カルティエ=ブレッソン「サンラザール駅、パリ」1932年 何必館・京都現代美術館蔵

アンリ・カルティエ=ブレッソン「サンラザール駅、パリ」1932年 何必館・京都現代美術館蔵

アンリ・カルティエ=ブレッソン「最後の宦官、ペキン」1949年 何必館・京都現代美術館蔵

アンリ・カルティエ=ブレッソン「最後の宦官、ペキン」1949年 何必館・京都現代美術館蔵

アンリ・カルティエ=ブレッソン「サンラザール駅、パリ」1932年 何必館・京都現代美術館蔵
アンリ・カルティエ=ブレッソン「最後の宦官、ペキン」1949年 何必館・京都現代美術館蔵

このたび「一瞬と永遠の出会いHenri Cartier‐Bresson」を開催する。
アンリ・カルティエ・ブレッソン(1908~2004)は、20世紀という時代を見事に撮らえ表現した、世界で最も重要な写真家である。
1952年の写真集『Image à la Sauvette(すり抜けていく映像) 』はアメリカで『The Decisive Moment(決定的瞬間)』と訳され、この言葉と共に作品は世界の写真家に大きな影響を与えた。アメリカ、中国、インドなど世界各地を訪れたブレッソンは、小型カメラ『ライカ』によってロシアの解放やガンジーの死など歴史的な瞬間を撮影すると同時に、その土地に生きる人々の生活も撮らえてきた。
晩年のブレッソンと親交を深めてきた館長の梶川芳友は2002年に南仏プロバンス、セレステの別荘に招かれた。写真家であったマルティーヌ夫人の手料理を囲み、パリとは違うゆったりした時間の中、93歳になっても現代写真に対する鋭い批判精神に衰えはなく、未来を眺望する強い眼差しに、心を打たれ深い感銘を受けたという。
本展は、アンリ・カルティエ=ブレッソンのサイン入りオリジナルプレゼント約60点を展覧する。

基本情報

開催日程 2021年09月04日(土)~11月14日(日)
時間 10:00~18:00(入館は17:30まで)
場所 何必館・京都現代美術館
アクセス 市バス100・206「祇園」
ホームページ http://www.kahitsukan.or.jp/
チラシ -

休館日…月曜日(9月20日は開館)

料金

一般 1,000円 学生 800円

お問い合わせ

何必館・京都現代美術館

TEL 075-525-1311

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#雨の日も楽しめる  #美術館・博物館・資料館  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る