イベント情報このイベントを印刷する

伝統行事

春季大祭(吉祥院六斎念仏奉納)【吉祥院天満宮】

2024年4月25日(木)

年に2回上演される吉祥院六斎念仏

平安遷都とともに文章博士として桓武天皇からの厚い信頼を得ていた菅原道真公の祖父・菅原清公卿は、遣唐使の命を受けて唐への渡航中に暴風に遭遇するが船上にて吉祥天女の霊験を得て入唐し、無事任務を果たした。帰国後、自邸内に御殿を建て吉祥天女の尊像を祀り、これが吉祥院の由来となり、地名の起源となった。 吉祥天満宮は、道真公亡き後、31年目の承平4(934)年に、朱雀天皇の勅命によって道真公御誕生の地に創建された天満宮。境内には、道真公のへその緒を埋めたと伝えられる「胞衣塚(えなづか)」をはじめ、少年時代に手習いに使用したという「硯の水」や顔を映したと伝える「鑑(かがみ)の井」などがある。天満宮は受験合格、能力開発、吉祥院は福徳招来、大願成就のご利益があると言われる。 大祭は春季(4月25日)と夏季(8月25日)にあるが、どちらにも吉祥院六斎念仏が奉納される。六斎念仏は、笛や鉦、太鼓に合わせて獅子舞などが演じられるもので、重要無形民俗文化財に指定されている。ここでは、吉祥院六斎保存会が守り伝えている。小雨決行。

基本情報

開催日程 2024年4月25日(木)
時間 20:00頃
場所 吉祥院天満宮
アクセス 市バス202・208「西大路九条」から徒歩13分
ホームページ -
チラシ -

お問い合わせ

吉祥院天満宮

TEL 075-691-5303

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る