イベント情報このイベントを印刷する

伝統行事

京都市内の夏越の祓・茅の輪くぐり 一覧

2022年06月01日(水)~2022年06月30日(木)

  日程 詳細
北野天満宮 ・6月25日 9:00 
 菅原道真公 御誕辰祭の神事(非公開)
  楼門に「大茅の輪」設置
・6月30日
 御本殿正面に「茅の輪」が設置
・6月30日 16:00
 大祓
 
6月25日
御祭神の菅原道真公の御誕辰祭の神事(非公開)が9:00より行われ、楼門には茅(かや)で作った直径5mの「大茅の輪」が設置される。酷暑の真夏をひかえ、人々の健康と厄除け、無病息災を願うために行われる。境内では天神さんの縁日が開かれ、夜は境内がライトアップされる。

6月30日
御本殿正面に「茅の輪」が設置され、16:00から大祓が執り行われる。
参列者は神職とともに茅の輪をくぐり、この半年間、無意識のうちに身につけた罪や穢れを祓い、
無病息災や、疫病退散を祈願する。
直径7~8センチの小型の「茅の輪」も授与する(500円)。
城南宮 ・6月25日~30日 9:00~16:00
 茅の輪くぐりと人形流し
・6月30日 15:00
 夏越の祓神事
・7月1日~7日7日
 愛車(おくるま)の茅の輪くぐり
境内に設けられた茅の輪くぐりと半年間の罪や穢れを移した人形(ひとがた)を「禊の小川」に流して心身を清める。

・愛車(おくるま)の茅の輪くぐり
駐車場に直径5メートルの大茅の輪が設置される。神職のお祓いを受けたあと、車、バス、トラックに乗ったまま茅の輪をくぐり抜けることができる全国でも珍しい行事。
吉田神社 ・6月28日~7月1日(2022年) 厄を託された人形を焼納したのちに、お祓いが行われ、夏越の歌を唱えながら茅の輪を3度くぐる。
※感染症対策として、昨年に引き続き神事は神職のみ。
岡﨑神社 ・6月30日 18:00
 神事
※毎年、3~4日前より茅の輪を設置予定(天候により変更あり)
毎年6月30日には半年間の穢れを祓うため茅の輪が設置され、18:00より神事が行われる。
護王神社 ・6月30日 15:00
 百度祓と大祓式、茅の輪くぐり
※新型コロナウイルスの影響により神事は、関係者含め200名限定(人数に達しましたら閉門)
拝殿で百度祓と大祓式が行われたのち、参列者全員で境内に設けられた茅の輪をくぐる。参列者には神事に使用する切麻(きりぬさ)の包みの授与がある。
大石神社 ・6月30日 16:00
 夏越の大祓神事
赤穂事件の大石内蔵助を祀る大石神社。本殿前に茅の輪が設置。
安井金比羅宮 ・6月15日頃~
 「人形」の授与
・6月30日 18:00
「人形」は6月15日頃より、授与所で授かれる。名前を書いた人形で体を撫で、息を3度吹きかけることにより、自身の穢れを人形に移す。
水火天満宮 ・6月30日の数日前~
 茅の輪の設置
・6月30日夕刻
 神事
一年の上半期である6月と下半期12月の晦日に、半年分の罪や穢れけがれを除き、残り半年の無病息災を祈願するため、大祓の神事を行う。
夏は6月30日の数日前から茅(ちがや)でつくった茅の輪を設置、30日の夕刻より神事があり、一般の人も茅の輪をくぐることができる。
平安神宮 ・6月30日の約1週間前~
 茅の輪の設置
・6月30日16:00
 「夏越大祓式」神事
「夏越大祓式」の神事は6月30日16:00より行われるが、その約1週間前から茅の輪が楼門の内側に設置される。
京都ゑびす神社 ・6月28日頃~
 茅の輪の設置
・6月30日 17:00
 「夏越の大祓式」神事
本殿前に直径約3メートルの茅の輪が設置される。30日、17:00より神事があり、悪疫諸病退散、商売繁盛、交通安全などが祈願される。
茅の輪が設置されるのは6月28日頃から30日まで。
伏見稲荷大社 ・6月1日~
 茅の輪の設置
・6月30日
 あらためて茅の輪を設置
・6月30日 15:00
 「水無月の大祓式」神事
6月30日15:00より大祓式。式の後、宮司以下神職及び参列者一同が茅の輪をくぐる。
茅の輪を設置は6/1より。
6月晦日にはあらためて茅の輪を設けます。
市比賣神社 ・6月30日の数日前から
 茅の輪の設置
・6月30日 19:00
 水無月祭
 
新熊野神社 ・6月30日~7月7日
 茅の輪の設置
・6月30日 11:00
 「夏越の祓」神事 
拝殿前に設置した茅の輪をくぐり、夏を無事に過ごせるよう無病息災を願う。
梅宮大社 ・6月30日 18:00
 夏越大祓式
※茅の輪の設置なし
夏越祓の頃の庭園(9:00~17:00、600円)では、アジサイや睡蓮が咲き誇る。
18:00からの神事では境内に斎場が設けられ、一般の人も参列できる。茅の輪の設置はない。
車折神社 ・6月1日~6月30日
 茅の輪の設置
・6月30日
 大祓式
1ヶ月間に渡り「茅の輪くぐり」ができる。
6月1日より1ヶ月間、茅の輪が本殿入り口の鳥居に飾られ、6月30日の「大祓式」では、納められた人形を神主がお焚き上げする。
平野神社 ・6月30日 16:00
 大祓式
 6月30日には古式に則り、夏越の大祓が執り行われる。式典では大祓詞奏上ののち、祓いの儀が執り行われ、大茅の輪をくぐる。式典後には、納められた人形(ひとがた)を焼却し、家内安全・無病息災を祈念する。
地主神社 ・6月30日 15:00
 夏越しの大祓祭
※2022年非公開
15時から行われる「茅の輪くぐり」の神事では、本殿前にしつらえられた直径約2mの茅の輪を3度くぐる。また、人形(ひとがた)を流して、半年間の厄落としを祈願する。
当日は、悪疫退散・厄除・開運招福の「茅の輪守り」(500円)が授与される。
松尾大社 ・6月28日 13:00
 「茅の輪祓い」と「茅の輪くぐり初め」
・6月29日、30日(~21:00まで開門)
 「お祓いさん」の授与
・6月30日 15:00
 「百度祓」
・6月30日 16:00
 「ちのわ神事」
6月28日13:00より、「茅の輪祓い」と「茅の輪くぐり初め」が行われる。29、30日の両日は楼門前にて、茅(ちがや)に歌の短冊を取り付けた物が「お祓いさん」が渡される。(29、30日の両日は午後9時まで開門)。30日には15時より大祓詞を読み上げる「百度祓」が行われたのち、16:00より「ちのわ神事」が行われる。
今宮神社 ・6月30日 15:00
 「夏越祓」神事
夏越祓では、「水無月の夏越祓する人は、千歳の命延ぶというなり」と称えながら茅の輪をくぐり、病気平癒の神様としてのご利益がある社で、災疫を依せた「やすらい人形(ひとがた)」を忌火で焼納し、半年間に身につけてしまった穢れを祓い清め、鎮める。
御霊神社(上御霊神社) ・6月25日前後~
 茅の輪の設置
・6月30日
 夏越の大祓式
 
例年6月30日には夏越の大祓式が行われ、茅の輪くぐりとともに、人形(ひとがた)に託した罪穢れを祓う神事が行われる。茅の輪は6月25日前後に設置される。
野宮神社 ・6月下旬
 茅の輪の設置
・6月30日 15:00
 夏越大祓式
 
夏越大祓では平安の風情を今に伝える黒木の鳥居に茅の輪が設置され、30日15:00から神事が行われる。茅の輪は例年6月下旬に設置される。
八坂神社 ・6月30日
 大祓式
祇園祭の1か月が始まる前日、大祓式では境内に大茅の輪が設置され、これをくぐることで半年間の罪穢(つみけがれ)を祓うことができるとされる。
白峯神宮 ・6月下旬より7月2日頃まで
 「茅の輪護符」特別授与(1体700円)。
・6月30日 17:00
 夏越大祓式
 
17:00より行われる神事では、奏上される大祓詞を参列者も斉唱する。切麻で自祓いをし、罪穢れを移した人形を唐ひつに収める。その後「茅の輪くぐり神事」では、本殿前で拝礼をしながら茅の輪を3回くぐる。
大原野神社 ・6月29日~7月1日
 茅の輪の設置
・6月30日 16:00
 夏越大祓式
夏越大祓式では本殿前に、6月29日から7月1日まで茅の輪が設置され、自由にくぐって無病息災を祈願できる。30日は16:00より本殿前にて神事があり、これも自由に参列してお詣りできる。
藤森神社 ・6月30日
 夏越大祓式(茅の輪神事)
アジサイの名所としても人気。
夏越大祓式(茅の輪神事)では、茅の輪くぐり半年の厄を落とす。

 
建勲神社 ・6月30日 17:30~ 夏越大祓式 茅の輪神事は大鳥居前にて行われ、大勢の参列者が一斉に茅の輪くぐりの和歌を唱和し、大鳥居前の茅の輪を三度くぐって無病息災を祈る。
新日吉神宮 ・6月28日頃~
 茅の輪の設置
・6月30日
 夏越大祓
例年6月28日頃に茅(ちがや)を束ねた大きな茅の輪が境内に設置され、夏越大祓の神事が行われる。
大将軍八神社 ・6月30日 16:00~
 夏越の神事-水無月の大祓
 6月30日には16:00より祭典が行われ、人形代(ひとかたしろ)に半年の罪・穢れを移して祓い清め、茅の輪をくぐって無病息災を願う。
貴船神社 ・6月30日 15:00~
 夏越の大祓式
本宮社殿前で神職が「祓」の儀式を行い、次いで神職と参列者それぞれが紙の人形(ひとがた)に罪穢れを移し、切麻(きりぬさ)で自らを祓う。その後、茅の輪くぐりの神事が行われ、最後に貴船川に移動して「大川路の儀」が行われる。
参列希望者は開始時刻15:00の10分前までに社務所で受付をする(途中参加はできない)。お祓い料1名200円。
上賀茂神社 ・6月30日 10:00
 夏越神事
・6月30日 20:00
 夏越大祓式

※コロナ感染状況により以下、中止になる場合があります。
10:00より夏越神事が行われ、神職が立砂前に設けた茅ノ輪くぐりをする。神職がくぐったあと、参拝者もくぐることができる。20:00から行われる夏越大祓式では、人の形をした紙に罪や穢れをうつした人形(ひとがた)を「ならの小川」に流す「人形流し」が行われる。
境内では、JA上賀茂支店の賀茂なす、トマトなどを販売する「夏越市」が開催されるほか、京都府豆腐組合により夏越豆腐が無料接待される。
西院春日神社 ・6月30日 19:00
 夏越の大祓
最初に、拝殿前に設置された茅の輪を神職に続いて全員でくぐり、その際に清めの切麻と人形が入った袋を手渡される。その後、夏越の大祓神事が始まり、神職が大祓詞を詠唱した後、参列者が清めの切麻を自身に振りかけ、人形で身体の悪い部分を撫でて息を吹きかけ、その人形を箱の中に入れる儀式が行われる。一連の神事が終わると厄除のうちわが配られる。
粟田神社 ・6月28日前後
 茅の輪の設置
・6月30日16:00
 大祓式
例年、6月28日前後には本殿前に茅の輪が設置され、6月30日16:00より大祓式が行われる。
岩屋神社 ・6月30日 19:00(未定)
 水無月夏越の大祓式
 
 
菅大臣神社 ※6/20現在 詳細未定  
下御霊神社 ・6月30日 17:00
 大祓
 
出雲大神宮 ・6月30日 14:00
 夏越大祓式
 
御香宮神社 ・7月31日 15:00
 茅の輪神事
6月末の夏越の祓の茅の輪くぐりを、1か月後の旧暦に体験できる。
当日は15:00に神職が茅の輪をくぐった後、参拝者が続いてくぐることができる。

基本情報

開催日程 2022年06月01日(水)~2022年06月30日(木)
場所 -
アクセス -
ホームページ -
チラシ -

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る