イベント情報このイベントを印刷する

グルメ・マーケット・その他

伏見十石舟

2022年3月19日(土)~2022年12月04日(日)

酒蔵のまち・伏見の景色を、江戸時代にタイムスリップした気分でゆったりと巡れる

十石舟は江戸時代に淀川を酒や米、旅客を運んだ舟。復活した十石舟は定員20人で、酒蔵に柳が映える宇治川派流を約50分で往復する。三栖閘門(みすこうもん)で一度下船し、三栖閘門資料館で水位差を調整した運河の仕組みなどの展示を見ることができる。
乗り場:月桂冠大倉記念館裏の河川沿い 
運航コース:乗船場 発→三栖閘門下船(見学)→乗船→乗船場 着月桂冠大倉記念館裏 河川沿い 
◆三十石船は定員30人で一日6便(※運航日が少ないため、要問合せ)。寺田屋浜乗船場発→三栖閘門下船(見学)→乗船→寺田屋浜乗船場着(約40分)。
※定員・便数など詳細は未定
※新型コロナウイルスの影響により、上記内容が大幅に変更する可能性あり

基本情報

開催日程 2022年3月19日(土)~2022年12月04日(日)
時間 10:00台~16:00台(11月25日~12月4日は15:40が最終)
場所 月桂冠大倉記念館裏の河川沿い~三栖閘門(往復)
アクセス 京阪本線「中書島」駅から徒歩5分
ホームページ http://kyoto-fushimi.or.jp/ship/
チラシ -

毎週月曜日(祝日を除く、ただし、4・5・10・11月は月曜日も運航) 運休。※8月15日~31日は運休。

料金

大人1,200円、小人(小学生)600円

お問い合わせ

NPO法人伏見観光協会

TEL 075-623-1030

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#親子で楽しむ  #京都らしい体験  について関連する
よくある質問はこちら

初めて京都を旅行します。京都ってどんなところですか?
京都は、春の桜、秋の紅葉のベストシーズン以外にも、夏や冬には特別公開などのイベントがたくさんあります。また、歴史ある寺院・神社や風情ある街並み、嵐山や貴船の美しい自然など、1年を通して楽しむことができます。「京都観光Navi」では、さまざまな旅の楽しみ方を「旅のカタチ」でもご紹介しています。ぜひご覧ください。
子どもと京都を楽しめる場所はありますか?
京都市動物園、京都水族館、京都鉄道博物館、京都国際マンガミュージアム、宝が池公園 子どもの楽園など、お子さんが楽しく過ごせる施設がたくさんあります。家族で楽しむ旅を紹介した「旅のカタチ 家族旅」(URL)も参考に、旅のプランをたててみてください。
嵯峨野トロッコ列車は、予約が必要ですか?
嵯峨野トロッコ列車は全席指定席です。空席があれば当日乗車券が購入できますが、空いていない場合もありますので、予約がおすすめです。
嵯峨野トロッコ列車の乗車券はどこで購入できますか?
当日乗車券は、トロッコ列車の各駅窓口にて、先着順での販売となります。前売り乗車券は、インターネットで予約ができるほか、JR西日本の「みどりの窓口」や旅行会社などで購入することもできます。
京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。
舞妓さんはどこで見ることができますか?
舞妓さんによる京舞をはじめ、日本のさまざまな伝統芸能を気軽に観ることができる施設が祇園町にある弥栄会館「ギオンコーナー」です。京舞のほか、狂言、雅楽、茶道、華道、箏曲といった、日本の伝統芸能を約1時間で身近に鑑賞することができます。休演日を除く毎日、午後6時~・7時~の2回、公演が行われており、個人での入場の場合、予約の必要はありません。
また、春・秋にはそれぞれの花街で、舞妓さん・芸妓さんによる舞台公演が行われます。
お座敷体験はできますか?
一般的に、紹介者なしでは利用することができません。

その他のよくある質問を見る