イベント情報

特別公開

五大虚空蔵菩薩像御開帳【神護寺】

2019年10月12日(土)~2019年10月14日(月)

5体揃った最古の虚空蔵菩薩像に出合う

多宝塔に安置される5体の虚空蔵菩薩像(国宝)は、5体揃った最古の五大虚空菩薩像ともいわれ、毎年体育の日の前々日から体育の日まで行われる五大虚空蔵菩薩像御開帳で特別公開され、祈願法要が行われる。仏像は乾漆で5色に彩色され、中尊・法界虚空蔵が白色、東方・金剛虚空蔵が黄色、南方・宝光虚空蔵が緑色、西方・蓮華虚空蔵が赤色、北方・業用虚空蔵が黒色に塗り分けられる。像高はいずれも90センチメートルあまりのほぼ同形の坐像で、手の形や持物だけが異なる。かつては中尊を中心に東西南北に配置され、立体曼荼羅を構成していたが、現在は横一列に配置されている。

基本情報

開催日程 2019年10月12日(土)~2019年10月14日(月)
時間 10:00~15:00
場所 神護寺
アクセス JRバス「山城高雄」
ホームページ http://www.jingoji.or.jp/treasure02.html
チラシ -

料金

500円(別途通常拝観料必要 600円)

ご予約・お問い合わせ

神護寺

TEL 075-861-1769

マップを表示

お気に入りに登録する

「イベント情報」一覧に戻る

関連タグ

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る