イベント情報このイベントを印刷する

伝統行事・伝統芸能

このイベントは終了しました。

久多宮の町松上げ

2021年8月23日(月)

※新型コロナウイルスの影響により、ご観覧することは出来ません。

愛宕大明神への献灯行事

久多宮の松上げは各戸より青年が参加し、宮の町の結束を図り火災除け、五穀豊穣、無病息災を祈念し、愛宕大明神に献灯している。室町時代以前から八月二十三日に行われて来た。 宮の町松上げは別名「チャチャンコ」とも呼ばれ、鐘や太鼓の叩く拍子から由来している。初めはゆっくりとしたリズムで鳴らし、上げ始めると速いリズムで場を盛り上げる。 昔は作業中に女性が通ると松が上がらないと言われ、川向を通り、松場を避けたという。 燈籠木(トロギ)の高さは約十五メートルで、笠の直径は二メートルになる。 三又という支え棒で、徐々に燈籠木を立てていく力強さは見ごたえがある。 上松に火をつけ、笠をめがけて放り投げ火をつける。笠が燃え上がり最高の炎となった頃に燈籠木が倒される。倒れた時に火の粉が舞い上がり、クライマックスとなり久多の夏も終わりに近づく。

基本情報

開催日程 2021年8月23日(月)
時間 20:00~21:00
場所 左京区久多宮の町
アクセス JR湖西線「堅田」→江若バス細川行「梅ノ木」下車後徒歩約6キロ、京都バス「能見口」徒歩8キロ
ホームページ https://www.city.kyoto.lg.jp/sakyo/page/0000024556.html
チラシ -

お問い合わせ

久多宮の町松上げ保存会: 090-7757-6123
左京区役所久多出張所:075-748-2020(平日のみ)

最新の休止・変更情報

※新型コロナウイルスの影響により、ご観覧することは出来ません。

直前のページに戻る 「イベント情報」一覧に戻る

この情報を共有する

その他のイベント情報

もっと見る

#夜観光  #【夜】見る  #【夜】体験する  について関連する
よくある質問はこちら

夜の京都の楽しみ方を教えてください
京都タワー、将軍塚などは夜景の名所として知られています。そのほか、時期によっては、ライトアップイベントや夜間特別公開が行われていることもあります。

その他のよくある質問を見る