観光スポット・サービス情報

名所・旧跡

方丈の庵跡

方丈石は、この下の巨石と言われている。ここは、鴨長明が方一丈(3メートル余り)の小庵を営み、「方丈記」を著わした場所と伝えられている。下鴨神社摂社の禰宜の二男の長明は、社司を志す傍ら琵琶や和歌を学んだ。彼は宮廷歌人として活躍したが、社司の継承に失意し元久元年(1204)出家し、洛北大原に隠棲して4年を過ごし、建暦元年(1211)日野に移り草庵を結び、鎌倉文化発展の序曲と言われる「方丈記」を著わし、建保4年(1216)6月8日没した。

基本情報

正式名称 方丈の庵跡
よみがな ほうじょうのあんあと
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 伏見区醍醐日野
アクセス 市バス 日野
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する