観光スポット・サービス情報

駒札・歌碑

教諭所(宣教館)跡

教諭所(宣教館)跡

 幕末、京都の庶民教育機関であった教諭所は、もと、皆川淇園門下の北小路寵(竹窓)が計画し、天保4年許可されて「室町竹屋町上る」の町家に開校したが、数年後衰退、中絶を余儀なくされた。しかし、天保8年の飢饉に救済活動に従事した心学関係篤志家グループの援助を得て再建することとなり、翌9年7月東洞院三条下る住心院地内に新築、開講した。京都中の心学講社の後援で、豪商らからの基金積立ては金400両にも達し、所司代間部詮勝は「宣教館」の自筆額(現日彰校保存)を与え、激励した。

 授業は、夏冬2回の休みを除いて、毎月1、6の日は経書講釈、3、8の日は心学道話と定め、午後6時から10時まで行なわれた。授業のほかに飢民救助などの社会事業に積極的に参加したのが、教諭所の教育運動の特徴とされている。

 元治元年7月の蛤門の戦いにさいし起きた大火で教諭所も消失したが、翌2年2月、東洞院三条西北角のこの地を買いとり、再建された。維新後、明治2年2月、下京四番組中の小学校となり、教諭所は消滅した。中京区三条通東洞院西入北梅忠町

基本情報

正式名称 教諭所(宣教館)跡
住所・所在地 三条通東洞院西入北梅忠町

一覧に戻る

この情報を共有する

おすすめ観光情報

観光スポット・サービス情報一覧へ