観光スポット・サービス情報

宿泊

寺田屋は伏見の船宿。文久2(1862)年4月23日、薩摩藩急進派有馬新七(1825~62)以下35名が関白九条尚忠(1798~1871)と京都所司代の殺害を計画して集結した。薩摩藩は藩士を鎮圧に向かわせたが両者乱闘となり、有馬以下9名が死亡した(寺田屋騒動)。慶応2(1866)年正月21日坂本龍馬(1835~67)も伏見奉行所の捕方に襲われたが、難を逃れた。寺田屋は鳥羽伏見の戦(1868年)に罹災し、焼失した。現在の建物はその後再建されたものである。

基本情報

正式名称 寺田屋
よみがな てらだや
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 伏見区南浜町263
アクセス 京阪電車本線「中書島」下車徒歩約5分
市バス「京橋」下車徒歩約1分
近鉄電車「桃山御陵前」下車徒歩10分
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL 075-622-0243
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

関連タグ

この情報を共有する