観光スポット・サービス情報

名所・旧跡

御土居

豊臣秀吉が都市改造の一つとして1591年(天正19)京都の周囲に築いた土塁(堤)。その跡10ヵ所が史跡。東は鴨川、西は紙屋川まで、北は鷹峯、南は九条まで総延長24キロにおよぶ高さ5メートル前後、底辺幅10メートル前後、城塞を兼ねた防災施設で、洛中、洛外が区別されるようになったとか。上京区北野天満宮西側の土堤は原型に近い。

基本情報

正式名称 御土居
よみがな おどい
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 -
アクセス -
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する