観光スポット・サービス情報

名所・旧跡

大宅廃寺跡

古代寺跡。創建は7世紀後半から8世紀の白鳳期。藤原鎌足の山階精舎説、豪族大宅氏の氏寺説がある。1958年(昭和33)名神高速道路建設で発掘調査し4棟の遺構を検出。講堂・金堂・中門・南門と推定。全焼後、平安後期に小堂を再建したが今はなし。

基本情報

正式名称 大宅廃寺跡
よみがな おおやけはいじあと
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 山科区大宅鳥居脇町
アクセス 市バス 大宅甲ノ辻
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する