観光スポット・サービス情報

寺院・神社

遍照寺

989年(平安時代中期)宇多天皇の孫、寛朝僧正が広沢池畔の山荘を改めて寺院にしたものである。嵯峨富士と云われる端麗な遍照寺山を映す広沢池には金色の観世音菩薩を祀る観音島があった。池畔に多宝塔、釣殿等、数々の壮大な伽藍を有する寺院であった。しかし寛朝僧正没後次第に衰微し、鎌倉時代、後宇多天皇により復興されたが後、応仁の乱で廃墟と化した。奇跡的に難を逃れた赤不動明王像と十一面観音像は、いずれも創建当時の作で定朝の父、康尚の作と云われ、現在国指定の重要文化財。
赤不動明王は”広沢の赤不動さん”と地元の人に親しまれ、交通安全や厄除けの御祈祷に訪れる人が多い。
毎月28日午前10時より不動護摩が焚かれ、住職の法話が有り、写経(奉納料500円)も出来る。
寛朝僧正は平将門の乱兵定の祈祷を行った。

寛朝僧正は千葉県成田山新勝寺の開祖

基本情報

正式名称 遍照寺
よみがな へんじょうじ
通称名称 広沢不動尊
よみがな ひろさわふどうそん
住所・所在地 右京区嵯峨広沢西裏町14番地
アクセス JR「嵯峨嵐山駅」下車、徒歩約15分 
阪急電車「嵐山駅」下車、タクシーで約10分 
市バス「広沢御所ノ内町」下車、徒歩約4分
市バス「山越」下車、西南へ徒歩12分
開催日時 -
営業時間 10:00~16:00
定休日 毎月28日 10:00~12:00
TEL 075-861-0413
ホームページ http://www.eonet.ne.jp/~henjouji

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する

#寺院  #ユニバーサル観光  #要予約  #重要文化財  について関連する
よくある質問はこちら

初めて京都を旅行します。京都ってどんなところですか?
京都は、春の桜、秋の紅葉のベストシーズン以外にも、夏や冬には特別公開などのイベントがたくさんあります。また、歴史ある寺院・神社や風情ある街並み、嵐山や貴船の美しい自然など、1年を通して楽しむことができます。「京都観光Navi」では、さまざまな旅の楽しみ方を「旅のカタチ」でもご紹介しています。ぜひご覧ください。
京都迎賓館は予約なしで参観できますか?
自由参観方式のため予約なしで参観できます。ただし、事前申込みをした人から優先して入場となりますので、事前の予約がおすすめです。参観料は1000円です。
京都のお寺や観光施設の営業時間は何時ぐらいまでですか?
施設によって、開館時間は異なります。寺院や神社などは午後4時頃に受け付けを終える場合が多いので、あらかじめご確認ください。→スポット検索のトップページへ
夜の観光は、京都夜観光ページで特集しております。
無料で過ごせる観光客向けの場所でおすすめはありますか?
鴨川デルタ、京都駅大階段、京都御苑、岡崎公園、哲学の道、大文字山などがあります。神社も一般的に無料です。京都観光Naviでは「#無料」というタグで情報を整理していますので、検索の際にご活用ください。
京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。
車椅子でも拝観できる観光施設はありますか?
バリアフリー情報はこちらでご確認ください。

その他のよくある質問を見る