観光スポット・サービス情報

美術館・博物館

豊国神社宝物館

 豊国神社境内の奥にある桃山風造りの建物。大正14年(1925)12月に開館。豊臣秀吉の業績、遺徳を広く伝える為に、豊太閤ゆかりの品々が展示されている。
 なかでも、慶長9年(1604)に行なわれた同神社の臨時祭礼を描いた六曲一双の屏風「豊国大明神臨時祭礼図」(狩野内膳筆・重要文化財)は当時の京都の町の様子を知ることができる貴重な資料。
 その他、重要文化財に指定されている「骨喰太刀」(粟田口吉光
作/現在は京都国立博物館に寄託)、「蒔絵唐櫃」「鉄灯龍」(辻与二郎実久作)なども展示されている。

100名以上の団体の場合一度に入館できない場合があります。

基本情報

正式名称 豊国神社宝物館
よみがな とよくにじんじゃほうもつかん
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 京都市東山区大和大路正面茶屋町530
アクセス 市バス206,208京都駅前~博物館三十三間堂前下車
京阪電鉄七条駅下車
開催日時 -
営業時間 9:00~16:30
定休日 無休
TEL 075-561-3802
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する

#資料館  #雨の日も楽しめる  #重要文化財  #美術館・博物館  #【朝】見る・聞く  について関連する
よくある質問はこちら

雨の日でも京都を楽しめるスポットを教えてください。
美術館、博物館、三十三間堂や二条城など、屋内の施設はいかがでしょうか。また、雨の降る日の庭園も風情があります。お土産などのショッピングには、アーケードのある寺町、新京極、錦市場など四条河原町周辺がおすすめです。

その他のよくある質問を見る