観光スポット・サービス情報

寺院・神社

法界寺

境内

境内

薬師堂

薬師堂

阿弥陀堂

阿弥陀堂

阿弥陀如来坐像(国宝)

阿弥陀如来坐像(国宝)

阿弥陀堂内陣 飛天壁画(重文)

阿弥陀堂内陣 飛天壁画(重文)

山門

山門

日野裸踊

日野裸踊

真言宗醍醐派の古刹で、通称日野薬師ともいう。藤原氏の北家にあたる日野家の菩提寺で、1051年(永承6)日野資業が薬師如来像を造って、日野家伝来の小像の薬師如来を胎内に収め、薬師堂を建立して寺とした。日野一族といえば、浄土真宗の開祖親鸞の誕生地であり、日本史を彩った女達の一人日野富子等がいる。
本尊の薬師如来像(重文)は、胎内仏というところから、安産、授乳、子授等のご利益があり、特に女性の信仰を集めている。
阿弥陀堂(国宝)は、藤原時代に起こった浄土教の流行や、末法思想等の影響で各地に建てられた阿弥陀堂建築の一つで、堂内には定朝様の丈六の阿弥陀如来像(国宝)が、安置され、周りには、これも絵画史上貴重な天人の壁画(重文)が描かれ、さながら現世の極楽浄土の世界を表している。
また,親鸞聖人は、今からおよそ800有余年前に、日野の里でお生まれになった。父は日野氏の一族・皇太后宮大進日野有範卿、母は清和源氏の八幡太郎義家の孫娘の吉光女であったといわれている。
この地は藤原北家の一流、日野氏の所領でした。初代の藤原真夏は「ここは仏法有縁の地である」とのお告げを老翁より受けて、7代目藤原資業が別荘を営み、法界寺を建てた。兵火により多くは失われているが、今も阿弥陀堂に丈六の阿弥陀如来像が残る。
このように浄土教信仰が篤い中お生まれになった親鸞聖人は、阿弥陀堂にお参りし、仏に語って成長されました。法界寺の裏手には今も日野家の廟所があり、そこには、有範卿や吉光女の墓が大樹に守られるようにして残っている。

■阿弥陀堂
法界寺にある平安時代建築の国宝建造物。藤原時代に起こった浄土教の流行や、末法思想等の影響で各地に建てられた典型的な阿弥陀堂建築の一つ。五間五面の檜皮葺、宝形造で,周囲一間の廂を付し、一見方七間の重曹建築の感がある。屋根には宝珠露盤を置き、屋根の勾配もゆるやかで、外観は、軽妙温雅である。 内陣には、阿弥陀如来を取り巻く長押の上の漆喰の壁間に天人壁画(重文)が描かれ、法隆寺金堂壁画焼失後、完全なものとしては最古のものとなり、日本絵画史上貴重な存在となった。やさしい眼ざし、さわやかな表情の飛天が空中より散華して本尊に供養する姿が軽快なタッチで自由奔放に描かれている。外壁には弥陀の坐像(重文)、四天柱には金剛界曼荼羅の一部と覚しき仏像と宝相華(重文)が交互に彩色され、支輪、各天井にも宝相華が描かれている。
常時公開

■木造阿弥陀如来坐像
法界寺にある平安時代作の国宝彫刻で、阿弥陀堂に安置されている。平等院鳳凰堂ご本尊に最も近い定朝様式の典型的な優れた仏像で、寄木造、漆箔、八角九重の蓮華座の上に飛天光を背にして坐る。丈六、上品上生(弥陀定印)の像で、穏やかな慈容に流れるような衣文をたたんで薄い衣をまとい、円満豊麗な藤原時代阿弥陀仏を代表するものである。
常時公開…国宝阿弥陀堂内陣

基本情報

正式名称 法界寺
よみがな ほうかいじ
通称名称 日野薬師
よみがな ひのやくし
住所・所在地 京都市伏見区日野西大道町19
アクセス 京阪バス「石田」下車、徒歩約13分
京阪バス「日野薬師」下車すぐ
地下鉄東西線「石田」駅下車、徒歩約20分
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL 075-571-0024
ホームページ https://hino-houkaiji.com/

一覧に戻る

この情報を共有する

おすすめ観光情報

観光スポット・サービス情報一覧へ