観光スポット・サービス情報

駒札・歌碑

平重衝墓(石柱)

平重衝墓(石柱)

 この地は、平重衡の北ノ方大納言佐殿が、平家没落後、身をよせていたところと伝える。

 一ノ谷の合戦で捕えられ、鎌倉に送られた平重衡は、南都大衆の訴えによって前年の南都焼打の責を問われ、文治元年(1185)、鎌倉から奈良に引渡されたが、途中、この地に立ち寄って大納言佐殿と別れを惜しんだ。その状景は、付近の相場川、琴弾山の名とともに、平家物語に美しく語られている。木津河原におりて首をはねられた重衡の遺骸は、すぐさま引取られ、火葬後、この地に埋葬されたといわれる。

伏見区醍醐外山街道町

基本情報

正式名称 平重衝墓(石柱)
住所・所在地 醍醐外山街道町(公園内)

一覧に戻る

関連タグ

この情報を共有する