観光スポット・サービス情報

駒札・歌碑

樫原札の辻 三士殉難の地

樫原札の辻 三士殉難の地

 この樫原の地(元葛野郡岡村。のち川島村と合併して川岡村)は、江戸時代には交通の要衝として、本陣や旅宿が設けられていた所である。

 元治元年(1864)7月19日早朝より始まった蛤(はまぐり)御門(ごもん)の変では、長州藩は会津、薩摩の両藩を中心とした連合軍に敗れて、多くの兵士が捕殺された。この時、長州勢に属していた三名の兵士がこの地まで逃れてきたが、幕命によりこの辻を警備していた小浜藩兵に囲まれ、討たれて果てた。

 遺体は放置されていたが、村人たちによってこの丘の中腹に手厚く葬られ、墓標が建てられた。

 長州集義隊 楳本僊之助直政、

 元下野宇都宮藩 相良頼光、

 同 相良新八郎

 なお、相良兄弟は、元薩摩藩と名乗ったともいわれている。西京区樫原秤谷町

基本情報

正式名称 樫原札の辻 三士殉難の地
住所・所在地 樫原秤谷町

一覧に戻る

この情報を共有する

おすすめ観光情報

観光スポット・サービス情報一覧へ