観光スポット・サービス情報

名所・旧跡

吉村寅太郎寓居跡

幕末の勤王志士吉村寅太郎が文久3年(1863)に仮ずまいをしていた場所。このあたりは、高瀬川の舟運によってにぎわい、幕末の志士たちの絶好のかくれ家となったところで、付近に武市(たけち)瑞山、佐久間象山、桂小五郎などの寓居跡があり、池田屋もほど近い。

基本情報

正式名称 吉村寅太郎寓居跡
よみがな よしむらとらたろうぐうきょあと
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 中京区木屋町通二条上ル上大阪町
アクセス 市バス 河原町二条
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する