観光スポット・サービス情報

名所・旧跡

七条仏所跡

平安時代中期に活躍した仏師(仏像彫刻家)定朝(じょうちょう)をはじめ、その一族・子弟・子孫がながく居住して彫刻にはげんだ「仏所」のあったところで「七条仏所」「七条大仏所」と呼ばれていた。鎌倉時代に入って、この仏所から運慶(うんけい)・湛慶(たんけい)・快慶(かいけい)らが相ついであらわれ、多くの名作を世におくった。しかし、室町時代に入って、この仏所も21代康正のとき四条烏丸に移転した。その後、幕末の兵乱に火災にあい仏所の遺構は完全に失われた。

基本情報

正式名称 七条仏所跡
よみがな しちじょうぶっしょあと
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 下京区七条通河原町西入材木町
アクセス 市バス 七条河原町
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する