観光スポット・サービス情報

寺院・神社

南禅寺

臨済宗南禅寺派の本山。1291年(正応4)亀山法皇の離宮を賜り、無関普門(大明国師)が開山。室町時代は隆盛を極め、「五山之上」に列せられた。応仁の乱で焼失した伽藍を‘黒衣の宰相’といわれた以心崇伝によって復興。境内には勅使門、三門、法堂、方丈の伽藍が一直線に、その周辺に12の塔頭が並ぶ。三門(重文)は、藤堂高虎の寄進。方丈(国宝)は、大方丈と小方丈に分かれ、大方丈は御所の殿舎を、小方丈は、伏見城殿舎を移築したと伝えられる。小方丈の襖絵、狩野探幽筆「水呑の虎」は名高い。大方丈の前庭(名勝)は伝小堀遠州作で「虎の子渡し」と呼ばれ、江戸初期の代表的な枯山水庭園として知られる。
建立:1291(正応4)年

基本情報

正式名称 南禅寺
よみがな なんぜんじ
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 京都市左京区南禅寺福地町
アクセス 地下鉄東西線「蹴上」駅下車
市バス「南禅寺・永観堂道前」下車
開催日時 -
営業時間 8:40~17:00
3月~11月 8:40~17:00
12月~2月 8:40~16:30
定休日 12月28日~12月31日
TEL 075-771-0365
ホームページ http://nanzen.net

京都修学旅行パスポート特典対象施設

方丈の拝観料 高校生 500円を450円/小中学生 400円を350円に
三門の拝観料 高校生 500円を450円/小中学生 400円を350円に

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する

#寺院  #庭園・池  #枯山水庭園  #ユニバーサル観光  #朝観光  #重要文化財  #青もみじ  #【朝】見る・聞く  #修学旅行パスポート  について関連する
よくある質問はこちら

初めて京都を旅行します。京都ってどんなところですか?
京都は、春の桜、秋の紅葉のベストシーズン以外にも、夏や冬には特別公開などのイベントがたくさんあります。また、歴史ある寺院・神社や風情ある街並み、嵐山や貴船の美しい自然など、1年を通して楽しむことができます。「京都観光Navi」では、さまざまな旅の楽しみ方を「旅のカタチ」でもご紹介しています。ぜひご覧ください。
京都のお寺や観光施設の営業時間は何時ぐらいまでですか?
施設によって、開館時間は異なります。寺院や神社などは午後4時頃に受け付けを終える場合が多いので、あらかじめご確認ください。→スポット検索のトップページへ
夜の観光は、京都夜観光ページで特集しております。
混雑をさけて京都の朝観光を楽しみたいと思っています。どんなスポットがありますか? また。朝早くに開いているお土産屋さんはどこですか?
朝ならではの京都の楽しみ方をこちらでご紹介していますので、参考にしてください。お土産品については、八条口のアスティロードや近鉄名店街みやこみちの一部店舗が朝早くからオープンしています。
無料で過ごせる観光客向けの場所でおすすめはありますか?
鴨川デルタ、京都駅大階段、京都御苑、岡崎公園、哲学の道、大文字山などがあります。神社も一般的に無料です。京都観光Naviでは「#無料」というタグで情報を整理していますので、検索の際にご活用ください。
京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。
車椅子でも拝観できる観光施設はありますか?
バリアフリー情報はこちらでご確認ください。

その他のよくある質問を見る