観光スポット・サービス情報

駒札・歌碑

此付近鳥羽伏見戦跡

此付近鳥羽伏見戦跡

 明治元年(1868)正月3日(太陽暦1月27日)夕方、この付近での戦が、鳥羽伏見戦の発端となった。王政復古ののち、将軍の領地返納をきめた朝廷、薩摩、長州藩らの処置を不満とした幕臣、会津、桑名軍は、正月1日挙兵、大阪から京都へ攻め入ろうとし、薩摩、長州軍はこれを迎えうった。城南宮には、薩摩の野津鎮雄らが大砲を備えて布陣し、竹田街道を北上してきた桑名軍、幕府大目付滝川具挙が、小枝橋を渡ろうとするのを阻止して、談判の後、ついて薩摩軍から発砲した。この一弾があたかも合図となって、戦端はひらかれ、鳥羽伏見両方面で激戦がつづき、正月6日幕府軍は敗退した。この一戦をきっかけに、戊辰(ぼしん)戦争が始まった。伏見区中島秋ノ山町

基本情報

正式名称 此付近鳥羽伏見戦跡
住所・所在地 中島秋ノ山町小枝橋付近

一覧に戻る

関連タグ

この情報を共有する

おすすめ観光情報

観光スポット・サービス情報一覧へ