観光スポット・サービス情報

駒札・歌碑

壇林寺

壇林寺

 当寺は、平安時代の初め、嵯峨天皇の皇后橘嘉智子(たちばなのかちこ)(786~850)が創建した寺院に由来する。皇后は、容姿美しく婦徳に秀で、学芸を愛され、橘氏の学校として学館院を設けたといわれている。  また、皇后は、深く仏教を信仰し、嵯峨の地に檀林寺と呼ばれる壮大な寺院を営み、盛時には、十二坊を数えたといわれている。  さらに、皇后は、当時、来朝した中国の僧、義空を師として、この寺で禅書を学び、これが、我が国で禅が唱えられた始めといわれている。  当寺は、この由緒によって、昭和39年から再建された寺院であるが、霊宝館には、皇后ゆかりの品をはじめ、日本、中国の仏教美術の数々が納められている。右京区嵯峨鳥居本小坂町

基本情報

正式名称 壇林寺
住所・所在地 嵯峨鳥居本小坂町

一覧に戻る

この情報を共有する

おすすめ観光情報

観光スポット・サービス情報一覧へ