観光スポット・サービス情報

駒札・歌碑

祇王寺(往生院)

祇王寺(往生院)

 往生院祇王寺と号する真言宗の寺である。

 寺伝によれば、この地は、平安時代に、法然上人の弟子、念仏房良鎮(りょうちん)が往生院を開創し、後に祇王寺と呼ばれるようになったと伝えられている。

 平家物語によれば、祇王は、平清盛に仕えた白拍子であったが、仏御前の出現により清盛の心が離れてしまったので、母刀自(とじ)、妹祇女と共に出家し、当地に移り住んだ。後には、仏御前も加わり、念仏三昧の余生を送ったと伝えられている。

 現在の本堂は、明治28年(1895)に再建されたもので、堂内には、本尊大日如来像をはじめ、平清盛と祇王ら四人の尼僧像を安置している。

 境内には、祇王姉妹等の墓と伝える宝筐印塔及び平清盛の供養塔などがある。右京区嵯峨鳥居本小坂町

基本情報

正式名称 祇王寺(往生院)
住所・所在地 嵯峨鳥居本小坂町32

一覧に戻る

この情報を共有する