観光スポット・サービス情報

名所・旧跡

神泉苑

平安京造営の時に設けられた宮中附属の禁苑で、大池には天皇や公家が船を浮かべ、歌や花、音楽を楽しみ、御池通の由来にもなった。弘法大師空海が祈雨の修法をし、祇園祭の発祥地でもある。平安の面影を残す境内には願いが叶う法成橋(赤い橋)や、年の恵方を祀る歳徳神がある。5月には神泉苑祭、11月には神泉苑狂言の公演がある。
創建:794(延暦13)年 平安建都の年

随意参詣できる。 垣・柵・戸閉してあるところは入れない。

基本情報

正式名称 神泉苑
よみがな しんせんえん
通称名称 しぜんさん、ひぜんさん、ひでんさん
よみがな しぜんさん、ひぜんさん、ひでんさん
住所・所在地 中京区御池通神泉苑町東入
アクセス 地下鉄東西線二条城前下車徒歩約2分
開催日時 -
営業時間 9:00~20:00
定休日 無休
TEL 075-821-1466
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する

#庭園・池  #祇園祭  #【朝】見る・聞く  について関連する
よくある質問はこちら

京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。

その他のよくある質問を見る