観光スポット・サービス情報

名所・旧跡

伏見奉行所跡

江戸幕府の遠国奉行の一つ。伏見の民政・御所の警護・西国大名を監視。1666年(寛文6)水野忠貞が初代奉行。鳥羽伏見の戦の際、新撰組がここで薩長軍と激戦をかわす。明治期から終戦まで陸軍工兵16大隊敷地、戦後は駐留軍駐屯地を経て、桃陵団地となる。団地内に碑。近鉄電車桃山御陵前200メートル。

基本情報

正式名称 伏見奉行所跡
よみがな ふしみぶぎょうしょあと
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 伏見区讃岐町
アクセス 近鉄電車 桃山御陵前
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する