観光スポット・サービス情報

名所・旧跡

京都守護職屋敷跡

幕末の政治・治安の維持に対処するため1862年(文久2)江戸幕府が設置した職名の一つ。会津藩主松平容保が就任。翌3年、今の京都府庁・第二日赤病院・梅屋校におよぶ広い地域の民有地99,000平方メートル(3万坪)を買収し守護職屋敷を造営。京都所司代・京都町奉行の上位に置く。1867年(慶応3)王政復古により廃止。府庁内に石碑がある。

基本情報

正式名称 京都守護職屋敷跡
よみがな きょうとしゅごしょくやしきあと
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 上京区下立売通新町西入
アクセス 市バス 府庁前
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する