観光スポット・サービス情報

寺院・神社

大龍寺

天正14年(1586)御所の鬼門守護であった烏樞沙摩明王を裏寺町四条の大龍寺へ勧請、その後昭和52年(1977)現在の地へ移転。
秘仏の烏枢沙摩明王は北方守護の明王で、その烈火で一切の不浄を焼き尽くし清浄に変えるといわる。古より安産守護や腰より下の病に霊験あらたかとされ、お手洗いに護符を祀り真言を唱えれば患いなしと崇信されている。
烏樞沙摩堂正面には二代目中村鴈治郎、四代目坂田藤十郎(二代目中村扇雀)らが芸能上達を願って奉納したガタロ(河童)が祀られており、軒下の十二支絵馬目当ての参詣者も多い。

境内の梵鐘は毎年大晦日の晩に限り23:00より法要の後、皆様に撞いて頂いております。

放生祈願会 4月第2日曜日午前11時~12時 
大護摩供養祈願会 10月第2日曜日午前11時~12時

基本情報

正式名称 大龍寺
よみがな だいりゅうじ
通称名称 烏樞沙摩堂
よみがな うすさまどう
住所・所在地 京都市右京区梅ケ畑高鼻町37
アクセス ①JRバス 高雄京北線(直通)
②京都市営地下鉄烏丸線 「烏丸御池」乗換東西線 「太秦天神川」乗換市バス8「高雄病院前」下車徒歩5分
開催日時 -
営業時間 9:00~16:00
定休日 なし(自由拝観)
TEL 075-881-1121
ホームページ -

FAX:075-881-8903
御朱印・お札ご希望の場合は事前にご予約ください。

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する

#寺院  について関連する
よくある質問はこちら

初めて京都を旅行します。京都ってどんなところですか?
京都は、春の桜、秋の紅葉のベストシーズン以外にも、夏や冬には特別公開などのイベントがたくさんあります。また、歴史ある寺院・神社や風情ある街並み、嵐山や貴船の美しい自然など、1年を通して楽しむことができます。「京都観光Navi」では、さまざまな旅の楽しみ方を「旅のカタチ」でもご紹介しています。ぜひご覧ください。
京都のお寺や観光施設の営業時間は何時ぐらいまでですか?
施設によって、開館時間は異なります。寺院や神社などは午後4時頃に受け付けを終える場合が多いので、あらかじめご確認ください。→スポット検索のトップページへ
夜の観光は、京都夜観光ページで特集しております。
無料で過ごせる観光客向けの場所でおすすめはありますか?
鴨川デルタ、京都駅大階段、京都御苑、岡崎公園、哲学の道、大文字山などがあります。神社も一般的に無料です。京都観光Naviでは「#無料」というタグで情報を整理していますので、検索の際にご活用ください。
京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。

その他のよくある質問を見る