観光スポット・サービス情報

寺院・神社

新徳寺 地蔵菩薩像

同寺の通称でもある地蔵尊はもと星光寺の本尊で、1230年(寛喜2)平資親が東山の叢から得た像と伝え、洛陽六地蔵巡りの一つにも数えられた。1863年(文久3)に清川八郎が浪士隊を率いて本部にしたのが当寺である。臨済宗永源寺派。

一般非公開だが、拝観は要問合せ。

基本情報

正式名称 新徳寺 地蔵菩薩像
よみがな しんとくじ じぞうぼさつぞう
通称名称 屋根葺地蔵
よみがな やねふきじぞう
住所・所在地 京都市中京区壬生賀陽御所町48
アクセス 阪急電車「大宮」駅下車、徒歩約9分
京福嵐山本線「四条大宮」駅下車、徒歩約9分
市バス「壬生寺道」下車、徒歩3分
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する