観光スポット・サービス情報

寺院・神社

醍醐寺

三宝院

三宝院

三宝院 庭園

三宝院 庭園

三宝院 唐門

三宝院 唐門

三宝院 表書院

三宝院 表書院

三宝院 純浄観

三宝院 純浄観

五重塔

五重塔

金堂

金堂

薬師堂

薬師堂

清瀧宮拝殿

清瀧宮拝殿

真言宗醍醐派の総本山である醍醐寺は、貞観16年(874)に理源大師・聖宝によって開創されました。
山岳信仰の霊山であった笠取山(醍醐山)に登った聖宝は、白髪の老翁の姿で現れた地主神・横尾明神より、こんこんと水(醍醐水)が湧き出るこの山を譲り受け、准胝・如意輪の両観音を刻み祀りました。それが醍醐寺の始まりです。
開創後、醍醐・朱雀・村上の三代にわたる天皇の深い帰依によって山上に薬師堂、五大堂、山下に釈迦堂、五重塔などが建立され、山上山下にまたがる大伽藍が調いました。
以後皇室をはじめ貴族や武士の支援を得て、三宝院をはじめとする諸院や種々の堂宇が建立され、真言密教の中心的寺院として今も多くの信仰を集めています。
平成6年(1994)には「古都京都の文化財」として、ユネスコの「世界文化遺産」に登録されました。

■三宝院
永久3(1115)年、第14世座主・勝覚により創建され、醍醐寺の本坊的な存在で歴代座主が居住する坊でもあります。表書院は国宝、それ以外の大半の建物は重要文化財に指定されています。
特別史跡・特別名勝となっている庭園は、慶長3(1598)年、豊臣秀吉が「醍醐の花見」に際して自ら基本設計をしたものです。

■三宝院 庭園
国の特別史跡・特別名勝となっている三宝院庭園は、慶長3年(1598)、豊臣秀吉が「醍醐の花見」に際して自ら基本設計をした庭で、その庭の中心には室町時代より歴代権力者によって引き継がれてきた「天下の名石・藤戸石」が秀吉によって運びこまれた。現在では阿弥陀三尊を表わす「三尊組」として祀られています。

■三宝院 唐門
門跡寺院の三宝院にあり、朝廷からの使者を迎える時のみ扉を開いたとされる門(勅使門)です。創建時は、門全体が黒漆塗で菊と桐の四つの大きな紋には金箔が施されていました。平成22(2010)年、約1年半をかけ、往時の壮麗な姿に修復されました。その大胆な意匠は、桃山時代の気風を今に伝えています。

■三宝院 表書院
庭に面して建っている表書院は、書院といっても縁側に勾欄をめぐらし、西南隅に泉殿が作りつけてあり、平安時代の寝殿造りの様式を取り入れたユニークな建築で、下段・中段・上段の間があります。下段の間は別名「揚舞台の間」とも呼ばれ、畳をあげると能舞台になります。中段の間、上段の間は下段の間より一段高く、能楽や狂言を高い位置から見下ろせるようになっています。

■三宝院 純浄観
大閣秀吉が槍山で花見をしたときの建物のひとつを移築したものといわれています。襖絵の桜・紅葉は、平成に入って日本画家・浜田泰介画伯が描いたものです。【特別拝観区域】

■五重塔
醍醐寺最古、京都府下でも最古の木造建造物である五重塔は、醍醐天皇の菩提を弔うために建てられ、天歴5年(951)に完成しました。総高は約38m。特筆すべきは塔頂部の相輪で、その高さは約13mと塔全体の約3分の1を占め、安定感を与えています。
建物自体国宝に指定されていますが、それとは別に初層の内部に描かれた壁画も独立して国宝に指定されています。この壁画は日本の密教絵画の源流をなすものといわれており、両界曼荼羅の諸尊や真言八祖像が余すことなく描かれています。これらは十世紀の絵画として唯一のものといってよく、制作年代の明確な仏画の秀作として高く評価されています。なかでも真言八祖像にある空海像は、現存する空海の画としては日本最古のものであり、その意味からも貴重なものといえます。
毎月29日(2月は28日)には五重大塔開扉納経法要が行われ、当日醍醐寺で写経をされた奉納者のみ、五重塔内部を四方の扉の外側から拝観いただけます。

■金堂
醍醐天皇の御願により延長4(926)年に創建された建物。当時は釈迦堂といわれていましたが、永仁、文明年間に2度焼失しました。現在の金堂は豊臣秀吉の命によって紀州(和歌山県)湯浅から移築が計画され、秀頼の時代、慶長5(1600)年に完成しました。中央には本尊の薬師三尊像(重要文化財)が安置されており、その左右には四方を守護する四天王立像が配されています。

■薬師堂
薬師堂(国宝)は上醍醐の中心に位置し、醍醐天皇の発願により延喜7(907)年に創建されました。全体的に水平感を強調した落ち着いた建物で、平安時代の雰囲気を伝える上醍醐最古の建物です。
本尊の薬師三尊像(国宝)は、保存管理のため、現在霊宝館(平成館)に遷座されています。そのため、薬師堂には新しく造願された薬師三尊が奉安されています。

■清瀧宮拝殿
清瀧宮拝殿は室町時代の建物で、寝殿造りの手法を生かした気品ある風格を備えています。山腹をわずかに切り開いて前面が崖にさしかかる懸造り(かけづくり)の構造になっています。醍醐寺を開いた聖宝・理源大師が勧請し醍醐の守護神とした清瀧権現を拝む建物。

■醍醐水
醍醐寺の鎮守清滝宮(上醍醐)の拝殿傍らにある井水。開祖聖宝理源大師が真言布教で来山のとき、白髪の‘横尾明神’が現われ、この水を飲み「あぁ醍醐味なり」と嘆声を発したのを見たと伝える。寺名もそれにちなむ。同寺の閼伽水である。

基本情報

正式名称 醍醐寺
よみがな だいごじ
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 京都市伏見区醍醐東大路町22
アクセス 京阪バス「醍醐寺前」下車すぐ
地下鉄「醍醐」駅下車、徒歩10分
開催日時 -
営業時間 9:00~17:00
※12月第1日曜翌日~2月末日は9:00~16:30(受付終了:閉門時間30分前)
定休日 無休
TEL 075-571-0002
ホームページ https://www.daigoji.or.jp/

一覧に戻る

この情報を共有する

#寺院・神社  #木・花  #ユニバーサル観光  #世界遺産  #夜間特別公開・ライトアップ  について関連する
よくある質問はこちら

初めて京都を旅行します。京都ってどんなところですか?
京都は、春の桜、秋の紅葉のベストシーズン以外にも、夏や冬には特別公開などのイベントがたくさんあります。また、歴史ある寺院・神社や風情ある街並み、嵐山や貴船の美しい自然など、1年を通して楽しむことができます。「京都観光Navi」では、さまざまな旅の楽しみ方を「旅のカタチ」でもご紹介しています。ぜひご覧ください。
京都迎賓館は予約なしで参観できますか?
当⾯は原則事前予約での受付となります。事前のご予約は京都迎賓館⼀般公開申込システムより⼿続きをお願いします。事前予約は実施⽇の前⽇12時(正午)まで受付が可能です。
京都のお寺や観光施設の営業時間は何時ぐらいまでですか?
施設によって、開館時間は異なります。寺院や神社などは午後4時頃に受け付けを終える場合が多いので、あらかじめご確認ください。
朝や夜の観光は、京都朝観光・夜観光ページで特集しております。
夜の京都の楽しみ方を教えてください
京都タワー、将軍塚などは夜景の名所として知られています。そのほか、時期によっては、ライトアップイベントや夜間特別公開が行われていることもあります。
子どもと京都を楽しめる場所はありますか?
京都市動物園、京都水族館、京都鉄道博物館、京都国際マンガミュージアム、宝が池公園 子どもの楽園など、お子さんが楽しく過ごせる施設がたくさんあります。家族で楽しむ旅を紹介した「旅のカタチ 家族旅」(URL)も参考に、旅のプランをたててみてください。
今、京都で見ごろの花は何ですか?どこで見ることができますか?
寺院や神社、公園などまちのいたるところで、四季折々、さまざまな花を見ることができます。
京都観光Naviでは「季節のたより」「花だより」として、今が旬の花の開花状況を毎週更新しています。
無料で過ごせる観光客向けの場所でおすすめはありますか?
鴨川デルタ、京都駅大階段、京都御苑、岡崎公園、哲学の道、大文字山などがあります。神社も一般的に無料です。京都観光Naviでは「#無料」というタグで情報を整理していますので、検索の際にご活用ください。
京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。
車椅子でも拝観できる観光施設はありますか?
バリアフリー情報はこちらでご確認ください。

その他のよくある質問を見る