観光スポット・サービス情報

寺院・神社

光明院

室町初頭の1391年(明徳2年)東福寺の塔頭として金山明昶によって創建される。山門より入ってすぐの、前庭である「雲嶺庭」には勝負の守護神「摩利支尊天」が鎮座する。虹の苔寺の異名をとり、苔と石の見事な調和を見せる主庭、「波心庭」は昭和の作庭家 重森三玲の手になる池泉式枯山水庭園で、東福寺方丈庭園とともに昭和14年につくられた。平安式の州浜型である波心庭は寺名の光明にちなみ、大海を表す白砂に浮かぶ三尊石組を基点に、立石が斜線状に並ぶ。その背後のサツキとツツジは雲紋の大刈り込みがされ、さらに視線をあげれば茶亭「蘿月庵」の佇まいが目に入る。蘿月庵は昭和32年に月をモチーフとして重森三玲が設計。
禅語『雲 嶺上に生ずること無く、月 波心に落つること有り』を由来とする雲嶺庭、波心庭、蘿月庵まで一貫した巧みなしつらえが佳景と心の和みをもたらす。

基本情報

正式名称 光明院
よみがな こうみょういん
通称名称 虹の苔寺
よみがな にじのこけでら
住所・所在地 京都市東山区本町15丁目809
アクセス JR/京阪電車「東福寺」駅下車、徒歩約10分 
市バス/京阪バス「東福寺」下車、徒歩約10分 
京阪電車「鳥羽街道」駅下車、徒歩約5分
開催日時 通年
営業時間 7:00頃~日没頃
定休日 無休
TEL 075-561-7317
ホームページ https://komyoin.jp

料金・入場料・拝観料

志納300円程度

一覧に戻る

この情報を共有する

おすすめ観光情報

観光スポット・サービス情報一覧へ

#寺院・神社  #庭園・池  #枯山水庭園  #重要文化財  #さくら名所  #紅葉の名所  #青もみじ  について関連する
よくある質問はこちら

初めて京都を旅行します。京都ってどんなところですか?
京都は、春の桜、秋の紅葉のベストシーズン以外にも、夏や冬には特別公開などのイベントがたくさんあります。また、歴史ある寺院・神社や風情ある街並み、嵐山や貴船の美しい自然など、1年を通して楽しむことができます。「京都観光Navi」では、さまざまな旅の楽しみ方を「旅のカタチ」でもご紹介しています。ぜひご覧ください。
京都のお寺や観光施設の営業時間は何時ぐらいまでですか?
施設によって、開館時間は異なります。寺院や神社などは午後4時頃に受け付けを終える場合が多いので、あらかじめご確認ください。
朝や夜の観光は、京都朝観光・夜観光ページで特集しております。
無料で過ごせる観光客向けの場所でおすすめはありますか?
鴨川デルタ、京都駅大階段、京都御苑、岡崎公園、哲学の道、大文字山などがあります。神社も一般的に無料です。京都観光Naviでは「#無料」というタグで情報を整理していますので、検索の際にご活用ください。
京都らしい体験ができるところはありますか?
レンタル着物のほか、和菓子作りなど、さまざまな文化を体験できる施設があります。事前予約が必要な場合がありますので、ご注意ください。

その他のよくある質問を見る