観光スポット・サービス情報

駒札・歌碑

粟嶋堂(宗徳寺)

粟嶋堂(宗徳寺)

 当堂は、西山浄土宗に属する宗徳寺の一堂で、堂内に粟嶋明神を祀ることから粟嶋堂の名で知られている。

 寺伝によれば、応永年間(1394~1428)南慶和尚が紀伊国(和歌山県)淡嶋から粟嶋明神を勧請して上洛する際、当地あたりで急に御神体が重くなったので、神意としてここに祀ったのが起りといわれている。以来、宗徳寺の鎮守社、粟嶋神社として祀られてきたが、明治時代の神仏分離により粟嶋堂と改められた。

 粟嶋明神は、古来より婦人の守護神とされ、婦人病平癒や安産祈願に御利益があるといわれ、当堂にも婦人の参拝者が絶えない。与謝蕪村も当堂を訪れ、娘の病気回復を祈願した。その時詠んだ句が、境内石碑に刻まれている。また、当堂北の庭内にある石灯籠は、応永28年(1421)の刻名のある弥陀板碑(みだばんひ)が用いられている。下京区岩上通塩小路上る三軒替地町

基本情報

正式名称 粟嶋堂(宗徳寺)
住所・所在地 岩上通塩小路上る三軒替地町124

一覧に戻る

この情報を共有する