観光スポット・サービス情報

駒札・歌碑

龍安寺

龍安寺

臨済宗妙心寺派の寺院で、平成六年(一九九四)に世界文化遺産に登録された。
もと徳大寺家の別荘であったが、宝徳二年(一四五〇)に細川勝元(かつもと)が譲り受け、義天玄承(ぎてんげんしょう)を招いて禅院とし、玄承はその師日峰宗舜(にっぽうそうしゅん)を開山として、自らは創建開山となった。一時、応仁の乱により焼失したが、明応八年(一四九九)に細川政元が再興し、その後、名僧が相次いで住し、豊臣秀吉や徳川氏も寺領を寄付するなどして、最盛時には塔頭(たっちゅう)二十三を数えるほど寺運は栄えた。しかし、寛政九年(一七九七)に火災に遭い、その後次第に再建されたが、盛時の寺観は復興していない。
 方丈庭園(国の史跡及び特別名勝)は、室町時代末期の作と伝えられ、枯山水の石庭として有名である。長方形の敷地の中に白砂を敷き、十五個の石を配し、一木一草も用いず象徴的に自然を映し出しており、枯山水庭園の極致を示したものといえる。あたかも渓流を虎が子を連れて渡っているようにも見えるため、「虎の子渡し」とも呼ばれる。
方丈の北には、水戸光圀(みとみつくに)の寄進と伝えられる「吾唯足知(わがただたるをしる)」と刻まれた石造りの手水鉢(ちょうずはち)がある。そのほか、寺宝として、太平記十二冊(重要文化財)を所蔵している。
京都市

基本情報

正式名称 龍安寺
住所・所在地 右京区龍安寺御陵ノ下町13

一覧に戻る

この情報を共有する

おすすめ観光情報

観光スポット・サービス情報一覧へ