観光スポット・サービス情報

駒札・歌碑

安養寺(倒蓮華寺)

安養寺(倒蓮華寺)

 浄土宗西山禅林寺派に属する寺である。由緒はきわめて古く、寛仁2年(1018)恵心僧都が奈良県當麻(たいま)に建てた蓮台院が当寺の起こりで、ついで恵心の妹安養尼が居住して安養寺と改名した。天永年間(1110頃)隆暹(りゅうせん)が京都に移し、鎌倉時代に入って証仏(しょうぶつ)が大いに寺運をひろめた。天正年間(1580頃)豊臣秀吉によってこの地に移された。本尊は阿弥陀如来立像で、八枚の蓮華を逆さに置いた上に立っているのが特徴で、このことから倒蓮華寺と呼ばれる。伝説によれば、本尊をつくる際、蓮座がどうしても壊れるので、蓮華を逆さにしたところ、無事完成した。これは女人は業が深く、心の蓮華はさかさまとなっていて極楽往生できないので、これを救済するため、わざと蓮華を逆さにしたのだといわれる。この本尊にまつわる伝説によって、昔から特に女性の信仰が深い。中京区新京極蛸薬師下る東側町

基本情報

正式名称 安養寺(倒蓮華寺)
住所・所在地 新京極蛸薬師下る東側町

一覧に戻る

この情報を共有する

おすすめ観光情報

観光スポット・サービス情報一覧へ