観光スポット・サービス情報

駒札・歌碑

盧山寺

盧山寺

 日本盧山と号する円浄宗の大本山である。当寺は、最初、天慶元年(938)、慈恵大師良源(りょうげん)(元三(がんざん)大師)が北山に開き、與願金剛院と称したが、寛元3年(1245)、法然上人に帰依した住心房覚瑜によって船岡山麓に復興され、盧山天台講寺と改められて、円、浄土、戒、密の四宗兼学寺院となった。その後、後醍醐天皇の勅願寺となったが、応仁の兵火に遭い、天正年間(1573~192)、当地に移った。現在の堂宇は、天明8年(1788)の「天明の大火」による炎山以後のものである。

 本堂には、恵心僧都作と伝える阿弥陀三尊等を安置する。その他、当寺は、国宝の慈恵大師自筆遺告状のほか、重要文化財として、鎌倉時代の如意輪観音半跏像、後伏見天皇・正親町天皇宸翰(しんかん)、法然上人選択集などを蔵し、また、境内には、光格天皇父の閑院宮典仁(すけひと)親王(慶光天皇)陵、中山愛親の墓などがある。

 なお、年中行事として、鬼の法楽(ほうらく)と呼ばれる節分会の悪疫退散の行事が有名である。上京区寺町通広小路上る北之辺町

基本情報

正式名称 盧山寺
住所・所在地 寺町通広小路上る北之辺町397

一覧に戻る

この情報を共有する

おすすめ観光情報

観光スポット・サービス情報一覧へ