観光スポット・サービス情報

名所・旧跡

藤井右門宅跡

この地に江戸中期の尊王論者藤井大和守直明(右門)の居宅があった。富山県生まれの右門は京都に出て皇学所教授となって公家に尊王論を説いた。明和3年(1766)東京で処刑された(明和事件)。右門の旧宅は、現同志社大学の地に薩摩藩屋敷があった関係から、志士たちの会議連絡場所としても活用され、明治維新の史蹟としても忘れがたい。屋敷は大正11年(1922)区画整理のため取りこわされたが、大正12年、右門の顕彰碑が建てられた。

基本情報

正式名称 藤井右門宅跡
よみがな ふじいうもんたくあと
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 上京区烏丸通上立売上ル柳ノ図子町
アクセス 市バス 烏丸上立売
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する