観光スポット・サービス情報

名所・旧跡

平野国臣殉難の地

幕末尊王攘夷派の指導者平野国臣が処刑されたところである。この地はもと「六角獄舎」があったところで、安政の大獄以後は多くの政治犯が収容されたので会所ともいった。国臣は、生野(いくの)の乱に挙兵して捕えられ、元治元年(1864)1月17日ここに収容された。同年7月19日禁門(きんもん)の変(蛤御門(はまぐりごもん)の変)の兵火の中で幕吏は獄中の尊王攘夷派の志士たちを斬った。この時斬られた一人が国臣である。この難にあったものは、国臣のほか37名にのぼった。なお、当地は、宝暦4年(1754)に医師山脇東洋がわが国で初めて死体解剖を行ったところと言われ、付近に記念碑がある。

基本情報

正式名称 平野国臣殉難の地
よみがな ひらのくにおみじゅんなんのち
通称名称 -
よみがな -
住所・所在地 中京区神泉苑町通六角西入因幡町
アクセス 市バス みぶ
開催日時 -
営業時間 -
定休日 -
TEL -
ホームページ -

マップを表示

一覧に戻る

この情報を共有する